クエン酸

2017/9/26

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

クエン酸は、クレブス回路の中間体であり、細胞機能とエネルギー生産にとって技術的に重要です。クエン酸のサプリメントには、水溶性を高めるためにミネラルに結合するもの(クエン酸カルシウムやクエン酸マグネシウムなど)など、有用なものが含まれています。

概要


クエン酸は、体内で、クエン酸回路(TCAサイクルとも言います)を介してエネルギーの産生のために利用されます。ただしクエン酸はクエン酸回路の重要な基質ですが、クエン酸を補うことで、体が十分にエネルギーレベルを上げることができるかどうかは、明らかになっていません。

クエン酸は、摂取されると体にアルカリ化作用を及ぼします。

基礎知識

注意事項

クエン酸は非刺激性です。

摂取方法

クエン酸補給のアルカリ化効果は、0.1g / kg体重(約81.6kgの人は1日約8.2g)の高用量が示唆されています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

クエン酸(10) クレブス回路(1) TCAサイクル(1)