シトルリン

2017/9/26

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

L-シトルリンはアミノ酸です。L-シトルリンは補給後、腎臓でL-アルギニンになります。つまり、体内のL-アルギニンの値を増やすには、L-アルギニンよりもL-シトルリン補給のほうが効果的であるということです。

概要


L-シトルリンは、L-アルギニンとL-オルニチンと同じく「尿素サイクル」を構成するアミノ酸です。

L-シトルリンはスポーツのパフォーマンス向上と心血管の健康度を改善するためのサプリメントとして用いられています。

L-シトルリンは疲労の軽減と、持久力(有酸素運動と無酸素運動の両方に対して)の改善効果があります。

運動時のパワー出力をアップするという説もありますが、十分な裏づけはありません。

L-シトルリンの摂取は同じく尿素サイクルを構成するオルニチンとアルギニンの血中濃度を増やします。

L-アルギニンの補給はL-アルギニンの血中濃度を急激に上昇させますが、L-シトルリンの補給はアルギニンの濃度をどちらかというとゆっくりと上昇させることができます。

L-アルギニンとL-オルニチンは10g以上の補給を行うと、吸収率の低下を招き、結果として下痢を引き起こすことがあります。

一方で、L-シトルリンにこの副作用はなく、3つのアミノ酸すべての血中濃度を増やすことができるため、一般的にL-アルギニンよりも好まれているサプリメントです。

L-シトルリンはオルニチンの血中濃度を2倍にしますが、L-オルニチン自体を補給することで、オルニチンの濃度は3から5倍上昇します。

摂取方法


心血管系の健康増強、もしくは勃起不全(ED)の改善のためにL-シトルリンを摂取する場合は、1日3回の食事と共に1,000mgのシトルリンを服用し、1日合計3,000mg摂取しましょう。

シトルリンリンゴ酸(シトルリンマレート)のサプリメントを取る場合は、L-シトルリン1gに当たる量が1.76gのシトルリンリンゴ酸での換算が可能です。

スポーツのパフォーマンス向上のために補給する場合は、運動する約1時間前に6,000-8,000mgのシトルリンリンゴ酸を服用しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

アミノ酸(19) 勃起不全(11) シトルリン(3) シトルリンリンゴ酸(1)