クレンブテロール

2017/9/14

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

クレンブテロールは、代謝産物が有毒であることが判明する前に、家畜を強化するために使用される、不法なβアゴニストです。エフェドリンのようなものですが、はるかに強力なものを除き、わずか4時間ではなく、1日の間、体内にとどまります。クレンブテロール副作用を伴う、強力な脂肪の損失と筋肉の保持効果をもたらします。

概要


クレンブテロールは、強力な脂肪燃焼化合物であり、くわえて筋肉の分解を防ぐ効果があります。

かつては家畜に投与することで食用の家畜の筋肉量を増加させるために使用されていました。現在、市販での販売を禁止されており、通常、ステロイドとして知られている化合物の1つと考えられています。禁止されているにもかかわらず脂肪燃焼効果が高いために、ボディビルダーの間ではまだ使用されていることがあるようです。

基礎知識

注意事項

クレンブテロールは非常に刺激性があり、半減期が長いとされています。(かなりの時間、効果が続きます)

摂取方法

クレンブテロールは20mcgの用量で開始されるべきであるとされています。薬剤の効能のため、高用量の使用には注意が必要です。いかなる状況下でも1日に120mcg以上を消費すべきではありません。ほとんどのクレンブテロールは午前に摂取されるべきだとされています。

クレンブテロールの効果についての研究はほとんどが動物実験によりますが、ヒトについても似たような効果があるようです。クレンブテロールは交感神経β刺激薬であり、以前は気管支喘息の治療薬としても用いられていたことがあります。したがって低容量であればある程度の安全性があると考えられていますが、高容量では動悸や不整脈などの副作用のリスクが高まります。

クレンブテロールは多くのスポーツ団体が禁止薬物にしており、取り扱いには厳重な注意を払う必要があります。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ステロイド(49) クレンブテロール(1) 脂肪燃焼化合物(1)