ラベンダー

2017/10/12

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ラベンダーは不安解消効果という特性でよく知られた種です。

概要


ラベンダーはエッセンシャルオイルおよびアロマセラピーに使用される代表的な植物のひとつです。ラベンダーの香りを嗅ぐことで一時的に不安を軽減することができるとされます。

ラベンダーに沈静作用はありませんが、ラベンダーのアロマセラピーは不眠症の改善と同時に睡眠の質を向上させることができます。ラベンダーは徐波睡眠を促進する効果があるということも、いくつかの研究結果が示唆しています。

ラベンダーが認知症の人にも効果を発揮するかもしれないということを示唆する証拠もありますが、これは準備段階であり、もっと研究が必要です。

ラベンダーを直接肌に塗布すると、接触性皮膚炎になるおそれがあり、肌が赤くなり、かゆくなるかもしれませんので注意しましょう。

基礎知識

注意事項

・避妊薬との相互作用があるという報告がありますがあまり強い証拠ではありません。

摂取方法


ラベンダーを摂取するためには、25%から46%のリナロールを含んだサプリメントを80mgから160mgを飲むと良いでしょう。

アロマセラピー中は、摂取量の正確な計測は困難ですが、大半の研究では少なくとも30分間風通しの良い部屋で使用されました。

肌にラベンダーを塗布するのは、たいていラベンダーのオイルマッサージを通して行われます。肌への塗布は、肌の老化およびダメージの可能性を考慮して、オススメされません。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

不眠症(48) ラベンダー(1) アロマセラピー(1)