L-ロイシン酸(HICA)

2017/9/20

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

L-ロイシン酸(α-ヒドロキシイソカプロン酸またはHICAとしても知られています)は、同化作用があると売り込まれているロイシン代謝産物です。経口による補給の充後に有効であるように思われますが、ロイシンやHMBと比較した研究はまだ存在しません。

概要


L-ロイシン酸はHICA(αヒドロキシイソカプロイック酸)とも呼ばれますが、ロイシンの代謝産物です。ロイシンは分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つであり、最初に2つの代謝産物(KICまたはHMB)のどちらかになり、KICはさらにHICAに変換されます。

HICAは、HMBに類似した抗異化剤および同化剤であると言われています。現在のところ存在している限定的な証拠では、効果があることが示唆されていますが、より多くの検証が必要とされています。

HMB 及びロイシンと、HICAとの関連性に関する比較データがないため、HICAは効果的ではないと言う事は賢明であり、同様にHMBやロイシンより効果がないと決め付けることは賢明ではありません。HICAが他の選択肢より優れているか優れていないのかはわかりません。

HICAは、将来的な研究において有望ではあるものの、現時点ではサプリメントとしての使用を裏付ける十分な証拠はありません。単純に、ロイシンより高価で、ロイシンと同じ効果があるサプリメントであるかもしれません。

基礎知識

混同注意

ロイシン、HMB(他の代謝産物)

接種方法

唯一のヒトを対象にした研究による証拠では現在、1日に500mgを3回、計1,500mgのHICAが使用されています。この用量が最適であるかどうかを示唆する十分な証拠もなく、ロイシンやHMB補給に対してHICAを比較した研究もありません。

HICAはもしかすると現在人気のあるロイシンやHMBよりも良い面を持つ可能性がありますが、現在のところ証明されていません。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

L-ロイシン酸(1) HICA(1) α-ヒドロキシイソカプロン酸(1)