モダフィニル

2017/9/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

モダフィニルとは、ナルコレプシーやADHDの人に処方される薬で、注意力を高め、寝ないようにする効果があります。認知能力と記憶力を高める効果もあり、向知性薬のカテゴリーに分類される強力で評価の高い薬です。

概要


モダフィニル(商品名:モディオダール®)は注意力、覚醒度を高める薬で、ナルコレプシーのように日中に眠ってしまう病気やADHDの治療のために使用されています。脳内の刺激性神経伝達物質の量を増加させることで認知能力を向上させることができます。「スマートドラッグ(頭をよくする薬物)」として娯楽的に使用されることがありますが、副作用には注意が必要です。副作用として幻覚、妄想、自殺念慮などが報告されており、医師の確認の元で使用すべき薬剤です。

なお、日本では乱用薬物であり、メチルフェニデート(商品名:リタリン®)と同じ第一種向精神薬として指定されています。

基礎知識

混同注意

アドラフィニル

摂取方法


標準的な服用量は100mgから200mgです。
日中の過度の眠気に対しては朝に服用することが標準的です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ADHD(18) ナルコレプシー(13) モダフィニル(3) スマートドラック(1)