安静時狭心症の発作の特徴と発症の原因とは?

2017/9/13 記事改定日: 2018/12/24
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

安静時狭心症は攣縮性狭心症(れんしゅくせいきんしんしょう)とも呼ばれる、体を動かさない安静時に起きる狭心症です。早朝や眠っているときに発作が現われる傾向があります。
この記事で特徴・原因・治療法などを見ていきましょう。

安静時狭心症の症状

安静時狭心症の大きな特徴は、発作が就寝中などの安静時に発生することです。

症状は体を急にあるいは激しく動かしたときに起こる「労作狭心症」とほとんど同じで、胸が圧迫されたように苦しくなることに加え、首が締め付けられるような感覚、背部痛などが見られます。

個人差はありますが発作が続く時間は5~10分ほどです。

発作の特徴

安静時狭心症は、夜間の就寝中や明け方などに胸痛発作が生じるのが特徴です。
動脈硬化など冠動脈の変性を伴わないことが多く、健康診断などで異常を指摘されたことがない人でも発症する可能性があります。

発作の症状は、労作性狭心症と呼ばれる一般的な狭心症と変わりなく、突然の胸痛や胸部圧迫感、絞扼感などが数分間にわたって続きます。痛みは胸部に限局せず、左肩や顎、頚部、歯、腹部などに放散するのが特徴です。

安静時狭心症の原因

安静時狭心症は、心筋に酸素や栄養分を運ぶ冠動脈が部分的なけいれんを起こして血管の内部が狭くなり、血の流れが一時的に悪くなってしまうことで発生します。
このときに起こる動脈の痙攣は「スパスム(spasm)」と呼ばれます。

また、飲酒や喫煙も発作を招く原因のひとつです。

ストレスからスパズムが起こることも

ストレスによって冠動脈のスパズム(攣縮)を引き起こし、安静時狭心症を引き起こすことがあります。

ストレスは、自律神経のうち血管を収縮させる作用のある交感神経を活発にさせます。このため、ストレスが溜まる状態が続くと冠動脈がスパズムを起こしやすくなって安静時狭心症を発症することがあるのです。

特に交感神経は明け方に活発に働くことが多いため、発作も明け方から午前中にかけてが多い傾向にあります。

安静時狭心症の検査と治療

安静時狭心症の診断は心電図、運動負荷心電図、ホルター心電図、心臓超音波検査(心エコー検査)などの生理検査からはじまるのが一般的です。

これらの検査で診断ができなかった場合は冠動脈CT検査、シンチグラム検査(放射性医薬品を静脈に注射して、放射線物質が心筋細胞にとりこまれる様子を撮影する)を行ない、検査結果で冠動脈に狭窄や閉塞が見られる場合にはカテーテルを使った冠動脈造影(カテーテルという細い管を主に手首や鼠径部の血管から体内に入れ、血管に沿って先端を心臓まで挿入し、心臓や冠動脈を造影剤で撮影する方法)に進みます。

狭心症の治療法は心筋梗塞の主な治療方法はと同様、薬物治療・PCI(経皮的冠動脈形成術)、冠動脈バイパス手術の3つで、行う治療は患者の体質や病状によって異なります。
それぞれについて以下で詳しく見ていきましょう。

投薬治療

治療に使われる薬は「発作を抑える作用のある薬」と「血栓(血管内にできる血液の固まり)を防ぐ薬」の2つです。「発作を抑える薬」としては硝酸薬、β遮断薬、カルシウム拮抗薬などが、「血栓を防ぐ薬」には抗血小板薬、抗凝固薬などがあげられます。

また、薬物療法はPCIや冠動脈バイパス手術と組み合わせて行われることもあります。

PTCA(経皮的冠動脈形成術)

これはステントという医療器具を血管壁に密着させて、狭まった冠動脈を部分的に広げる治療法でPCIとも呼ばれます。冠動脈の血の量が増えるので、症状や心臓の動きを改善します。治療時間は2時間ほどと体への負担が少なく、3~4日の入院で血流を改善できるというメリットがあります。

CABG(冠動脈バイパス手術)

上記の治療が難しい場合には冠動脈バイパス手術を行います。
冠動脈の狭くなった部分より少し先に小さなメスで切れ目を入れてグラフトと呼ばれる自分の体に存在する他の血管を縫い合わせ、心臓に必要な血液を送り込めるようにする方法です。
狭まった箇所や塞がった箇所はそのままにしておくのが特徴です。

おわりに:寝ているときに限って発作が出る・・・といったことがあれば病院で検査を

寝ているときや明け方に突然胸の痛みを感じる場合は、安静時狭心症の可能性があります。
狭心症はすぐに命に危険がある病気ではありませんが、放っておくと心筋梗塞へと発展するリスクがあるので、気になる症状や我慢できないような痛みがあれば、早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

原因(612) 狭心症(43) 発作(22) 血管(12) 安静(5)