くも膜下出血の症状とは?救急車を呼んだ方がいいのはどんなとき?

2017/10/5 記事改定日: 2018/11/14
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

重篤な後遺症や死につながる恐れのある「くも膜下出血」。非常に有名な病名ではありますが、具体的にどんな症状が起きるのか、なにが原因で引き起こされるのか、といったことまでご存知の方は少ないのではないでしょうか。以降で、くも膜下出血の原因や症状、対処法を解説していきます。

くも膜下出血の発症時の症状は、激しい頭痛!?

くも膜下出血とは、3層からなる脳の保護膜のひとつである「くも膜」の内部の血管で起きる脳出血の一種です。ほとんどの場合、脳を栄養する動脈にある動脈瘤が破裂したときに引き起こされます。重度のくも膜下出血の場合、発生すると高確率で命を落とすといわれており、一命をとりとめても後遺症が残ってしまう可能性もある恐ろしい病気でもあります。

くも膜下出血は、高血圧によって引き起こされることが多いとされています。これは、高血圧の方の動脈瘤に、いつも高い圧力がかかっていることが関係していると考えられています。また、喫煙習慣のある方もくも膜下出血を起こしやすいといわれているので注意が必要です。

くも膜下出血の最も特徴的な症状が、バットで殴られたような激しい頭痛です。また、出血の程度によっては、頭痛とともに嘔吐したり、突然意識不明になったりすることもあります。ただし、出血量が少ない場合は、軽度の頭痛や吐き気でおさまってしまうケースも見受けられます。

くも膜下出血の予兆となる症状とは?

くも膜下出血は、起こる前に下記の前兆が現れることがあります。こういった前兆はすぐに落ち着きますが、くも膜下出血を起こすサインの可能性があるので、該当する場合はなるべく早く病院を受診してください。

突然の頭痛
脳の動脈瘤は破裂する前に微量の出血を起こし、突然の頭痛を引き起こすことがあります。痛みは軽度のものから重度のものまでさまざまです。
目の異常
脳の動脈瘤が視神経を圧迫することで、ものがぼやけて見えたり、片目だけ見えにくくなったり、目が痛くなったりといった目の異常を感じることがあります。
吐き気
動脈瘤の影響で、めまいや吐き気が起きたりすることがあります。吐き気を伴う頭痛が起きた場合は特に注意が必要です。
血圧の異常
突然血圧の上下動が激しくなり、その数日後にくも膜下出血を起こすケースがあります。

気をつけた方がいい症状をチェックしてみよう!

くも膜下出血は脳動脈に「瘤」ができ、それが破裂することで発症します。急激に血圧が上昇した時に発症しやすく、何の前触れのない突然の発症であることがほとんどです。しかし、中には脳動脈瘤が形成されることによって周辺の脳神経を圧迫し、神経症状が現れる場合もあります。以下のような症状が続くときはくも膜下出血を発症する可能性も考えられますので、病院を受診して検査を受けるようにしましょう。また、家族や身近な人に同様の症状が見られた場合もなるべく早めに病院を受診するように勧めましょう。

  • 片目がかすむ
  • 片方の瞼が上がりにくい
  • 黒目に左右差がある

また、初期症状としては以下のような症状が挙げられますので、このような症状が現れた場合には速やかに病院を受診しましょう。

  • 突然の頭痛
  • 吐き気
  • 肩や首の痛み
  • 視力の急激な低下

すぐに救急車を呼んだ方がいい症状の特徴は?

くも膜下出血は何の前触れもなく突然発症することが多いですが、脳へのダメージを最小限に抑え、術後の後遺症リスクを低減するには、発症後なるべく早く治療を開始することが大切です。
以下のような症状が突然現れたときは、くも膜下出血を発症している可能性がありますのですぐに救急車を要請して早急に病院に向かうようにしましょう。

  • 鈍器で殴られたような激しい頭痛
  • 頻回の嘔吐を伴う頭痛
  • 頭痛後の意識消失
  • 頭痛後のけいれん
  • 高血圧(収縮期血圧で180mmHg以上)

動脈瘤再破裂の危険性

くも膜下出血の疑いがある人が目の前にいた場合は、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。
くも膜下出血で最も危険性が高いのが、脳の動脈瘤の再破裂です。動脈瘤は初回の破裂から24時間以内に再破裂する可能性が高いのですが、再破裂を起こすと出血量が増えるために脳の損傷がより深刻化し、死亡する危険性がさらに高くなります。
上記の症状が見られたときは、必ずすぐに救急車を呼びましょう。

おわりに:くも膜下出血は一刻も早い治療が重要。倒れた人がいた場合はすぐ救急車を

くも膜下出血を起こした場合は、最悪の事態になる前に適切な治療を受けることが非常に重要です。強烈な頭痛が起こったり、目の前の人が突然意識不明になったりした場合は、迷わず救急車を呼ぶようにしてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

頭痛(193) 原因(609) 症状(559) 対処法(192) くも膜下出血(35) 前兆(17)