パーソナリティ障害の種類について

2017/10/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

「パーソナリティ障害」という病気を知っていますか?大半の人は、病名なら聞き覚えはあるけれど、どんな障害かはご存知ないのではないでしょうか。この記事では、そんなパーソナリティ障害の種類や特徴について詳しく解説していきます。

パーソナリティ障害は大きく3種類に分けられる

パーソナリティ障害とは、大多数の人とは違う反応や行動をするために、社会に適応できず本人が苦痛を感じていたり、対人関係を築けなかったりする精神疾患の一種です。現段階でははっきりとした原因はわかっていませんが、子供の頃の養育環境や神経系の機能低下によって引き起こされると考えられており、思春期を迎えた頃から症状が顕著に現れるようになります。

パーソナリティ障害にはさまざまなタイプがありますが、アメリカ精神医学会の基準では、おおまかに「A群(奇妙で風変わりなタイプ)」「B群 (感情的で移り気なタイプ)」「C群(不安感が強く内向的なタイプ)」の3つに分類されています。詳しくは以下で解説していきます。

A群:奇妙で変わり者に見える

A群の患者さんは、一般的な人からは理解できないような考え方をする傾向にあり、社会から孤立しがちという特徴があります。A群はさらに以下の3タイプに分けられます。

妄想性パーソナリティ障害

強い不信感や猜疑心が特徴です。特に根拠はないのに、人から嫌われているのではないか、妬まれているのではないかといった妄想にとらわれる傾向にあります。

統合失調質パーソナリティ障害

困っている人がいても助けようとしないなど、非社交的で他者への関心が乏しいことが特徴です。

統合失調型パーソナリティ障害

会話の内容がかなり変わっており、感情表現がぎこちない傾向にあります。

B群:感情的、情緒的で演技しているように見える

パーソナリティ障害の中で最も多いといわれるタイプがB群です。こちらは以下の4タイプに分類されます。

境界性パーソナリティ障害

情緒不安定で衝動的な行動をする傾向があり、対人関係に難を抱える傾向にあります。

自己愛性パーソナリティ障害

「自分は他者よりも優れている」というプライドの高さが特徴で、傲慢・尊大な態度を見せる傾向にあります。

反(非)社会性パーソナリティ障害

社会のルールや規則が守れず、反抗的で向こう見ずな行動をとるタイプです。

演技性パーソナリティ障害

「他人から注目されたい」という気持ちが強く、派手な外見や演技がかった行動をしたりします。

C群:不安を感じている

C群は極端に不安感が強く、内向的な傾向があります。さらに以下の3タイプに分類されます。

依存性パーソナリティ障害

自信が極端に乏しく、孤独を恐れるため、他者に過度に依存する傾向にあります。

強迫性パーソナリティ障害

物事へのこだわりが強く、融通がきかない傾向にあります。

回避性(不安性)パーソナリティ障害

不安感や緊張感、劣等感が非常に強く、他人との接触を避ける傾向にあります。

おわりに:さまざまな症状があるパーソナリティ障害。家族が理解し、早期に治療を始めよう

一言で「パーソナリティ障害」といっても、実はさまざまなタイプに分類され、それぞれ特徴も異なります。ただ、いずれも周囲からの理解が不可欠であり、早期治療を始めることが大切なので、「もしかして?」と思ったら、患者さんと一緒に専門機関を受診することをおすすめします。

【出典: 厚生労働省ホームページを編集して作成 http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_personality.html

この記事に含まれるキーワード

種類(62) 症状(481) 特徴(42) パーソナリティ障害(8)