心雑音は病気のサイン?健康な人でも聞こえることがあるの?

2017/10/11 記事改定日: 2018/8/9
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

心臓に雑音と聞くと、心臓に何か重大な問題があるのではと不安になってしまう人も多いでしょう。しかし、心雑音があったからといって必ずしも心臓に病気があると決まったわけではありません。
ここでは、心雑音の原因と検査の必要性について解説します。

心臓の雑音(心雑音)とは

心臓は生命維持に最も重要な役割を果たしている臓器だけに、そこから雑音がすると指摘されただけで、何か生死にかかわる重大な疾患があるのではと心配してしまうかもしれません。心臓の雑音のほとんどは、血液が心臓の血管や弁を通過するときに起こる流れの偏りによって生じる微弱な音です。

心雑音の種類は音の原因ごとに大まかに二つに分けられます。ひとつはポンプの働きをする心臓が収縮するときに発生する音である「収縮期雑音」、もうひとつは拡張時に起こる「拡張期雑音」です。

そのほかには心臓を覆う心膜に摩擦が起こり、それが雑音として聞こえる「心膜摩擦音」などがあります。

多くの場合、特に重大な病気を引き起こすものではなく、小児から思春期にかけての人に多い胸部左上方から聞こえる音は健康な人でも生じやすいといわれています。

病気の可能性がある心雑音とは

心雑音のほとんどが無害のものではありますが、まれに重大な病気が原因で心雑音が起こっていることがあります。心雑音に限らず、心臓血管系に少しでも不具合や不安な変化があったときは、専門の病院できちんと検査を受けておくことをおすすめします。

心臓には4つの部屋とその出入り口に4つの弁があり、多くの雑音はこの弁を血液が通過する時に起こります。心雑音が聞こえたときに懸念されるのが弁に起こる病気であり、その代表的なものが心臓弁膜症です。これは何らかの原因で弁の働きが衰えることで起こる病気で、弁が上手く開かないことで音が鳴っている弁狭窄症と上手く閉じることができないことで音が鳴っている弁閉鎖不全症に分けられます。

いずれも心臓超音波検査による細かい評価が必要です。弁膜症以外にも、心房や心室のトラブル、貧血、アテローム性動脈硬化、甲状腺機能亢進症など、心臓そのものに原因がある場合もあれば、それ以外の病気が原因になって心雑音が出ているケースがあります。原因により治療法も変わってくるため、改善のためには必ず検査が必要です。

赤ちゃんの心雑音は先天性心疾患の可能性も

赤ちゃんの心雑音の大半は、「機能性心雑音」と呼ばれるもので、全く心配のないものです。赤ちゃんは脈拍が成人よりも早いため、心臓から血液を送り出す力が強く、大動脈内で若干の乱流が生じることなどが原因と考えられています。しかし、機能性心雑音は成長するにつれて消えていくものですので、特に心配する必要はないでしょう。

一方、赤ちゃんの心雑音は先天性心疾患が原因であるケースも少なくありません。赤ちゃんの100人に1人は何らかの先天性心疾患を発症しているとされており、非常に頻度の高い病気です。
先天性心疾患には様々な種類がありまずが、最も多いものは心室に穴が開いている心室中隔欠損症で、その他にも心房中隔欠損症、肺動脈狭窄症、動脈管開存症、ファロー四徴症などが挙げられます。
もちろん、生後間もなくの頃から手術やカテーテル治療などが必要となるケースもありますが、心室中隔欠損症や心房中隔欠損症は成長するにつれて心臓の穴が塞がることもあります。

先天性心疾患はすべてが大きな治療を必要とするわけではなく、定期的な経過観察のみで健康な子と何ら変わりない生活を送ることも可能です。
検診での心雑音から先天性心疾患が発見された場合でも、あまり不安にならずに担当医とよく相談しながら治療を進めていってください。

健康な人でも心雑音が起こることがある!?

上記でも説明したように、健康な人にも心雑音が起こることは多く、そのほとんどは治療の必要がないといわれています。
「心雑音が聞こえたといわれて病院で精密検査を受けたけど何の病気も見つからなかった」ということも少なくないでしょう。

心臓弁膜症など心臓そのものに病気がある場合は、専門の診療科で速やかな治療が必要です。しかし、貧血や甲状腺機能亢進症などが原因で生じている音は、下がった血中の酸素レベルを上げるために、速くポンプを動かしたときの音であるとされ、心臓そのものへの治療の必要はありません。

ただし、重度の貧血や甲状腺機能亢進症自体は専門病院での治療が必要です。特に甲状腺の病気は女性の発症数が多いため注意しましょう。過去に子供の頃に心雑音の検査をして問題がなかった人も、医師から検査をすすめられた場合は、念のため検査をしておいた方がいいでしょう。

おわりに:心雑音したからといって心臓に問題があるとは限らない。でも、重大な病気が原因のこともある

心雑音のほとんどは治療の必要がないものです。ただし、まれに心臓弁膜症などの心臓の病気や、重度の貧血、甲状腺機能亢進症などの病気で起こっているケースもあります。これらは専門的な治療が必要になるので、心雑音があると申告された場合は、医師の指示に従い、精密検査を受けるようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

貧血(82) 心雑音(7) 甲状腺機能亢進症(19) 心臓弁膜症(14) エコー(2)