油断できない大人の喘息(ぜんそく)

2017/11/2 記事改定日: 2017/9/2
記事改定回数:1回

出雲 雄大 先生

記事監修医師

日本赤十字社医療センター、呼吸器内科

出雲 雄大 先生

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師

東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

 喘息、という病気にあなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。小さい子供がかかるものだから、大人の自分はかからないなんて思っていないでしょうか。もしくは、アレルギーがないから大丈夫だと思っていないでしょうか。いえいえ、油断は大敵です。そういう方も喘息になることがあり、重症化しやすいので危険です。どういったものか知っておくと、いざというときに役に立つかもしれませんね。今回はそんな大人の喘息について解説します。

知っておきたい大人の喘息

まず前提として知っておきたいのが、喘息にはアトピー型と非アトピー型があるということです。アトピー型はいわゆる世間一般の喘息のイメージに合致します。アレルギー反応によって起こり、小さい子供が発症することがほとんどで、春や秋に症状が出やすいとされ、多くは軽症で成人するまでに70%が良くなります。アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎といったアレルギー疾患を合併していることが多いです。

一方、「非アトピー型」喘息は40才以上の大人がかかることが多いとされ、こちらは冬に症状が出やすく、原因はあまり良くわかっていません。また、発作は重症であることが多いといわれています。

喘息の間違った知識

前述したように、世間一般的に知られている喘息はアトピー型であることが多いです。しかし、喘息が子供の病気という固定観念を持つことは危険です。呼吸がしづらく咳が続くなと思ったら喘息を疑いましょう。また、アトピー型の喘息は遺伝することがありますが、非アトピー性では基本的に遺伝性はないとされています。親戚に喘息の人がいないから自分もかからない、とは言い切れません。

アレルギー性かどうか調べましょう

喘息かもしれないと思ったとき、アレルギー性なのかそうでないのかを調べることは重要です。アレルギー性ならば、その要因を取り除いたりアレルギーの治療をすることによって改善します。喘息の治療は呼吸器科を受診するのが普通ですが、アレルギー科を受診してアレルギー性の喘息かそうでないかを調べることも有効な場合があります。

予防的治療法とは

一旦喘息にかかったら、発作が再発しないように予防的治療を行いましょう。何度も発作を繰り返すと気管自体の構造が変化し、より症状が悪化してしまいます(リモデリングといいます)。予防的治療としては吸入ステロイドを基本とし、テオフィリン徐放薬、抗ロイコトリエン受容体薬、長時間作用性β2刺激薬などを組み合わせて使用します。

おわりに:日常の自己管理をしっかりと

非アトピー型喘息の原因は解明されていませんが、なんらかの感染の後に発症することがあることが知られています。また、喫煙も喘息などの呼吸器疾患を引き起こす大きな原因となります。身の回りの環境を清潔にすること、感染を予防すること、禁煙、適度な運動などを心掛け、自己管理をして大人の喘息を防ぎましょう。

 

関連記事

この記事に含まれるキーワード

アレルギー(63) アトピー(12) 喘息(71) 喘息発作(6)