高齢者にも多い機能性尿失禁のケアの注意点とは

2017/10/18 記事改定日: 2019/1/29
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

体がうまく動かせないために、トイレに行きたくても行けずに失禁してしまったり、排尿への認識が薄いために失禁してしまったり――そんな「機能性尿失禁」に悩まされる高齢者の方やご家族の方は少なくありません。
ここでは、機能性尿失禁についての全般的な情報をお伝えしていきます。

機能性尿失禁とは

何らかの原因でトイレではないところで排尿してしまうことを尿失禁といいます。
尿失禁の種類のひとつに「機能性尿失禁」があります。

機能性尿失禁の症状の特徴は、排尿機能自体には問題がないにもかかわらず、体が思うように動かなかったり、排尿への意識が薄くなることで尿が漏れてしまうことです。

たとえば

  • 尿意があり排尿がしたいと思っても、自分でトイレまでいくことができず漏らしてしまう
  • トイレの場所がわからず、トイレを探しているうちに尿を漏らしてしまう
  • 何らかの理由で下着を外すのが難しい状態であり、トイレまでは行けても服の準備に手間取り、我慢しきれず尿を漏らしてしまう

といった状況で失禁してしまいます。

機能性尿失禁の原因

機能性尿失禁は

  • 気脳梗塞などで麻痺が残り、思うように体が動かせなくなる
  • 筋力が低下することで、自分で排尿行動が行えない

などが原因で起こります。

また、

  • 体は動かせるが、認知症などが原因で排尿に関する認識に障害がでてくる

ことも原因のひとつです。

認知症になると、トイレの場所がわからないといったことだけでなく、排尿すること自体を忘れてしまうこともあります。また、厚着などで排尿までに時間がかかり、排尿のことを忘れてしまい無意識で漏らしてしまうこともあります。

また、トイレの環境も原因になります。
あまりに遠いところにあれば、トイレまでいくのに時間がかかりますし、道のりを覚えるのも大変になりますし、トイレが狭すぎたり、使いにくかったりすることも原因になります。

機能性尿失禁は、こういった様々な要因が重なり合って起こるものであり、環境を整えることである程度改善できるものもあるのです。

機能性尿失禁を発症した人のケアはどうやって行う?

機能性尿失禁を発症した人のケアを考える時には、まずは個人個人の排尿行動をよく観察することが大切です。その人自身にどのような症状があるのかによって、ケアの仕方が違ってきます。

たとえば、排尿場所までの移動が大変な場合には、

  • トイレから近い部屋にする
  • ポータブルトイレを設置する
  • トイレまでの道のりの障害物をなくす
  • 手すりをつけるなど、移動しやすい環境を整える
  • 和式から洋式のトイレに変える

といった対処法が有効です。

また、運動障害がある場合には、服の着脱にも時間がかかるので、排尿行動がとりやすい形状の服を着させるといいでしょう。

排尿への認識がなくなってしまっている場合には、時間を見て排尿を促すような声掛けを行うことが大切です。
本人はトイレに行きたくないと言っても、トイレに行くと排尿することがあります。上手くコミュニケーションをとってトイレに行けるよう促しましょう。

排尿は毎日何度も行うことなので、生活の様子を見て、様子に応じてケアの方法を変えていく必要があります。個人に合った方法を探し続けていく姿勢が大切です。

オムツの使用について

機能性尿失禁の人にオムツを使用するのは、思わぬ場所での排尿による衣類、寝具などの汚染を防止することができるため、介護者の精神的・身体的負担を軽減することにつながります。
しかし、患者の中にはオムツに抵抗がある人もいます。また、オムツをすることで「トイレへ行こう」という意欲や行動が失われるため、更なる筋力・認知機能の低下を引き起こしてしまうことも少なくありません。

機能性の尿失禁の場合には、外出時など特に失禁しては困るような場面でない限り、できるだけオムツを使用しなくいいようなケアや対策を行うことが大切です。使用する場合でも、患者のプライドが傷つかないような配慮を心がけるようにしましょう。

おわりに:機能性尿失禁の原因や症状に応じた適切なケアを

機能性尿失禁を引き起こす原因は人によって違います。原因にあわせて失禁しないような環境を整えていくことが大切です。
できることからで構わないので、本人の自尊心にも配慮した対策をとっていきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

高齢者(84) 原因(609) ケア(13) 症状(559) 対処法(192) 機能性尿失禁(1)