咳で肋骨が折れる!?肋骨骨折の原因と症状の特徴とは

2017/10/18 記事改定日: 2020/3/6
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

肋骨は呼吸に関わり、臓器を守っている大切な骨です。そんな大事な肋骨は、咳が原因で折れてしまうこともあるのをご存知でしょうか。今回は、肋骨骨折の原因や症状、治療内容について解説していきます。

肋骨(ろっこつ)骨折の症状とは?

肋骨は胸にある左右12対、全部で24本ある骨です。肋骨には呼吸によって肺を動かすという役割や、心臓や肺を守るといった役割があり、肝臓や脾臓、腎臓などの一部も入るような構造になっていて大切な臓器を守っています。

つまり、外からの衝撃を受け止めて臓器を守るという役割がある分、衝撃を受けやすい場所でもあります。衝撃に耐えられなかったときには折れてしまい、肋骨骨折を起こします。

肋骨骨折には

  • 肋骨に痛みがある(痛む部位の範囲には個人差がある)
  • 寝返りをうつと痛みを感じる
  • 呼吸をしたり咳やくしゃみをすると、肋骨のあたりに痛みが出る
  • 体をそらしたときや肩を動かしたりしたときに痛みが強くなる
  • 深呼吸がしにくくなる
  • 内臓が痛い感じがする

などの症状が現れますが、どこが折れたかによって痛み方などの症状が変わってきますし、軽症の場合には骨折したと思っていないこともめずらしくありません。実際、痛みが増してきてから病院を受診して気づくことも多いようです。

強く打ちつけた、転倒したなど、骨折するような出来事があり、これらの症状が現れたら念のため病院に相談しましょう。

関連記事:肋骨骨折の危険性と完治までの必要期間について

肋骨骨折の原因は?

肋骨骨折は

  • 机やタンスの角にぶつけたとき
  • スポーツでコンタクトプレー
  • スポーツや労働で肋骨に繰り返し負荷がかかる動きをした
  • 交通事故
  • 高所からの転落

などに発生します。強い衝撃が加わって折れてしまった場合は、肺や心臓を傷つけたり、大きな血管を傷つけたりといった深刻なリスクを抱えることもあるので注意が必要です。

また、骨粗鬆症などで骨そのものが弱くなっていると、そこまで強い衝撃がかからなくても骨折することがあるので注意しましょう。

咳やくしゃみで肋骨が骨折することもある?

風邪を引いたときなどに咳やくしゃみが長引くと、咳やくしゃみをした瞬間に肋骨骨折を起こすことがあります。これは肋骨の「疲労骨折」と考えられており、骨粗鬆症など骨が弱くなりがちな人に発症しやすいものです。ただし、これまで健康だった人に起きることもあり、ごく弱い咳やくしゃみでも発症することがあります。
咳やくしゃみが長引くときはできるだけ早く病院を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

関連記事:ゴルフのスイングで折れることも! 肋骨骨折ってどんなもの?

骨折を治すためにどんな治療をするの?

肋骨骨折の治療は保存療法が基本です。

肋骨にヒビが入った程度で心臓や肺などの臓器に傷をつける心配がないようであれば、湿布や痛み止め程度の治療で済むこともあります。
痛みがひどいときには胸用のコルセットを用いて固定し、重症の場合には手術が行われますが、肋骨骨折で手術となることはあまりありません。

ただし、内臓や血管などを傷つけていないか、傷をつける危険はないかを確認する必要がありますので、病院への受診は必要です。何回か肋骨骨折の経験があると「湿布やコルセットで治療するだけでしょ」と病院を受診しない人もいるようですが、必ず病院で治療を受けましょう。

おわりに:肋骨骨折は保存療法で簡単に治ることが多いが、深刻な状況になることもある

骨粗鬆症で骨がもろくなっている人は、咳やくしゃみでも肋骨骨折を起こします。基本的には簡単な治療で治りますが、強い衝撃を受けたときなどは肋骨が周りの臓器を傷つけるなどの重篤な症状を招くこともあります。思い当たる出来事があった、肋骨のあたりに痛みを感じることがあったら、すぐに病院を受診してください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

治療(464) 原因(609) 症状(559) 肋骨骨折(4)