乗り物酔いの薬の効果とは ー 病院に行く必要はあるの?

2017/10/18 記事改定日: 2019/9/17
記事改定回数:2回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

乗り物酔いは薬を飲んで予防するという人も多いと思いますが、病院へ行ったほうがいい乗り物酔いはあるのでしょうか。
この記事では、病院へ行ったほうがいい乗り物酔いの特徴を乗り物酔いの原因やセルフケアとあわせて解説していきます。

乗り物酔いで病院に行く必要はあるの?

乗り物酔いの症状はあくびや唾液分泌の増加から始まって、しだいに吐き気や違和感、頭痛を感じるようになり、嘔吐することもあります。

原因は乗り物の不規則な揺れなどで三半規管や前庭を刺激されることと考えられていますが、「乗り物酔いするかもしれない」という不安が脳に働きかけ吐き気などの症状を助長することもあります。
また、睡眠不足や体調不良が原因になることもあります。

乗り物酔いの大半は市販薬で予防できますし、乗り物酔いで処方される薬の成分は、病院でもらえる処方薬でも市販薬でも大きく変わらないことが多いです。
そこまでひどくない乗り物酔いであれば、まずは市販薬を試し、市販薬が効かないときは病院を受診するというかたちをとっても良いでしょう。

ただし、市販薬で良くならない乗り物酔いは「病気のサイン」の可能性があります
市販薬が効かないときは早めに病院へ行きましょう。

何科を受診すればいい?

乗り物酔いは内耳にある三半規管が関わっていることが多いので、病院で診てもらうときは耳鼻科を受診することが一般的です。

病院では三半規管以外にも

  • 血液検査によるストレスホルモンの計測
  • 胃腸の動きを調べる検査

などを調べ、体の状態と症状にあった薬を処方してくれます。

ストレスや強い不安が乗り物酔いの原因と思われるときは、、心療内科を受診もいいでしょう。

乗り物酔いの薬の特徴は?

乗り物酔いには、めまいの薬でも使われる成分のメクリジンやフェニラミンをはじめとする抗ヒスタミン薬が使われます

乗り物酔いの症状は最終的に嘔吐中枢が刺激されることで起こりますが、抗ヒスタミン薬は嘔吐中枢を刺激するヒスタミンという物質をブロックすることで、症状の緩和を目指します。

また、抗ヒスタミン薬には気分を落ち着かせる鎮静作用もあるため、乗り物に対する不安な気持ちを抑えることにも役立ちます。
予防を目的とするなら乗り物に乗る前に飲んでおくようにしましょう

このほか、副交感神経の異常な興奮を抑制してめまいや消化管の過度な緊張を抑える薬や、神経の働きを整えて神経や平衡感覚の乱れからくる頭痛を抑える薬が使われることがあります。

乗り物酔いの薬以外の対策は?

乗り物酔いは上で述べたような薬以外にも様々な対策法があります。具体的には次のようなものが挙げられますので是非試してみましょう。

  • 内関など酔いを防止するツボ押し
  • 飴やガムなど唾液が出るものを口にする
  • 前日はしっかり睡眠をとる
  • バスなどはなるべく振動が少ない場所に座る
  • 空腹を避ける
  • 近くの景色を見ない

おわりに:乗り物酔いの対処は、市販薬とセルフケアから始めよう

乗り物酔いのほとんどは、市販薬やセルフケアである程度予防することができます。
ただし、特定の病気が原因や精神的な問題が原因になっていることもあるので、市販薬やセルフケアで改善しない場合は、一度耳鼻科や心療内科に相談しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

抗ヒスタミン剤(11) 乗り物酔い(4) メクリジン(1) 乗り物酔いの薬(1) 乗り物酔いの予防(1)