身近な人が熱中症になったときの対処法

2017/10/24

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

夏場は特に発症リスクの高い「熱中症」ですが、もしも家族や友達に熱中症と思われる症状がみられたら、どう対処すればいいのでしょうか?適切な対処法を詳しくご紹介していきます。

熱中症になってしまうのはなぜ?


熱中症とは体温が上昇して脱水状態になり、臓器不全や血流低下を引き起こしている状態のことです。多くの場合、気温の高い環境にいたあるいは激しい運動したことによって、体温が上がったままになってしまったことで引き起こされます。特に体調が良くない時はそれ以外の時と比べて熱中症を発症しやすいです。

人間は気温の高い場所にいたり、激しい運動をしたりすると体温が上がりますが、汗をかく事によってその熱を逃がして体温を下げる働きが体に備わっています。しかし汗をかくために必要な水分が不足していると、体温が下がらずに脱水症状が起こります。 つまり水分の補給不足だと体温を上手く下げることができなくなるので、水分不足も熱中症を引き起こす大きな原因の一つといえます。

熱中症の初期症状にはどんなものがある?


熱中症は重症化すると意識を失って、最悪の場合は死に至ることもあります。初期症状ではそこまで重篤な症状は出ませんが、初期症状が出ている段階で正しく対処しないといけません。

初期症状として良くあるのは、めまいやたちくらみ、吐き気です。このような症状が出たらできるだけ涼しくて直射日光があたらない場所に移動し、水分を摂るようにしましょう。初期症状が出た段階で対処しないと確実に症状が悪化して重症化してしまいます。

なお、めまいや吐き気の症状が出た時点ですでに熱中症を発症してしまっているので、本来であれば症状が出る前からこまめに水分補給をし、熱中症にならないように予防をすることが大切です。特に子供は熱中症にかかりやすいので、予防対策はしっかり行うべきです。

熱中症の可能性が高い場合の対処法


近くに熱中症と思われる人がいる場合は、すぐに応急処置をすることが大切です。対処法としては、まず熱中症になった人を直射日光が当たらない涼しい場所に移動させます。クーラーがきいた室内や車内に移動できる場合は、そこに移動させましょう。

涼しい場所に移動させた後、厚着している場合はその衣類を脱がせ、体温が下がりやすい状況を作ります。さらに塩分と水分が同時に補給できるスポーツドリンクなどを飲ませて水分補給をさせます。 スポーツドリンクをすぐに用意できない場合は、とりあえず水分だけでも補給させてください。

応急手当では体調が回復しない場合


熱中症は初期段階で応急処置をすれば、症状がおさまって回復することもありますが、ある程度重症化すると応急処置をしただけでは改善されません。明らかに症状が重い場合や処置をしても改善が見られない時は、迷わず救急車を呼びましょう。特に子供が発症した場合は症状が重くなる可能性が高いので、症状が軽くても救急車を念の為に呼んでおくべきです。

おわりに:熱中症は、早急に適切な対処ができるかどうかが生死を分ける

熱中症は、発症した時にすぐに対処できるかどうかが、患者の生死を分けます。そのためには一人ひとりが熱中症の対処法に関する正しい知識を得ておいて、いざという時にすぐに正しい対処ができるようにすることが大切です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

初期症状(27) 原因(609) 対処法(192) 熱中症(47)