メニエール病の原因について ― めまいや耳鳴り、難聴はなぜ起こる?

2017/10/30 記事改定日: 2018/3/28
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

メニエール病の症状にはめまいや耳鳴り、難聴といったつらい症状を引き起こす耳の病気です。この記事では、メニエール病を発症する原因や症状とともに、治療法についても解説します。

メニエール病は何が原因で発症するの?

現在のところ、メニエール病が発症する原因は「内リンパ水腫(ないりんぱすいしゅ)」と呼ばれる内耳のむくみではないか、と考えられています。そのほか、ストレスや免疫力の低下、アレルギー、血流の悪化などもメニエール病の原因と指摘されることがありますが、はっきりとしたメカニズムはまだ完全に解明されていません

耳の奥にある三半規管はリンパ液で満たされており、本来ならば、その量は常に一定に保たれます。そして、リンパ液の傾きや動きを感じることで、私たちは体のバランスを保っています。

しかし、リンパ液の量が何らかの原因で増えすぎたために内耳がむくんで神経に影響が及ぶと、めまいや耳鳴り、難聴といった症状があらわれるのです。

どんな人たちがなりやすいの?

ニエール病は30代~40代の方が発症することが最も多く、子供が発症することはまれであると言われています。また、男性よりも女性の方が発症しやすい、という特徴もあります。メニエール病を発症する原因のひとつにストレスが挙げられることから、真面目で几帳面な人や、精神的・肉体的疲労、睡眠不足に悩む人が発症しやすいと考えられています。

メニエール病はまだ解明されていないことも多く、明確な予防法もまだ確立していません。ただ、ストレスや自律神経との関係も深いと考えられていることから、一番の予防法は生活習慣の見直しと考える専門家も多いようです。

メニエール病に特徴的な症状ってどんなの?

メニエール病は、ぐるぐると目が回るような「回転性めまい」のほかに、耳鳴りや難聴、吐き気や嘔吐といった症状を伴うことがあります。

回転性めまい

回転性めまいは、メニエール病の代表的な症状です。突然ぐるぐると目が回るような激しいめまいが起こり、立っているのも横になるのも辛い状態が30分から数時間続くことが多いです。

耳鳴り

回転性めまいに続いて、ひどい耳鳴りを感じるようになります。発作が落ち着くと同時に耳鳴りも落ち着きますが、耳鳴りが頻繁に起こるようになると、ずっと耳鳴りし続けている状態になる恐れがあります。

難聴

めまいや頭痛とともに難聴になるものの、症状が落ち着くと治ってしまう場合もあれば、発作を繰り返すうちに少しずつ聴力が落ちていく場合もあります。難聴の症状が出ると、低音が聞き取りにくくなります。

吐き気・嘔吐

めまいの発作が起こると、乗り物酔いをしているのと同じ状態になるため、吐き気がしたり、嘔吐してしまうことがあります。

メニエール病は耳の構造と大きな関わりがあり、放置するとひどい場合には耳が聞こえなくなってしまうなどの後遺症が残る恐れもあります。このため早期発見、早期治療がとても重要です。

メニエール病はどうやって治療するの?

メニエール病は、原因とされている内リンパ水腫の治療を中心に行います。現在のところ、メニエール病の治療は薬物療法を中心に行われています。

医師がメニエール病と診断すると、症状に合わせて抗めまい薬や精神安定剤、利尿薬、血流改善薬、鎮吐薬などが処方されます。利尿剤や血流改善薬の服用で体内の水分を調整し、内リンパ水腫を改善を目指します。また、普段と同じような生活を送るためにも、抗めまい薬や鎮吐薬によって症状を和らげることもあります。

メニエール病はストレスや疲労が原因で発症することもあるため、日ごろからストレスや疲労の解消を心がけることも大切です。そのためには、自分に合うリフレッシュ方法を見つけたり、睡眠をたっぷりとって疲れを取ったりすることも必要です。

難聴が悪化している場合など、症状がひどい場合は、内リンパ水腫で溜まった水分を抜き取るか、平衡感覚を司る前庭神経を切除する手術が検討されることがあります。

ただし、メニエール病の原因ははっきりわかっていないため、治療したからといって必ず完治するとは言い切れません。また、治療しても再発する可能性もあります。しかし、初期症状の段階で適切な治療を行えば、80~90%が改善することができると考えられています。このため、疑わしい症状があるときは、すぐに医師の診察を受けることが重要です。

おわりに:メニエール病の完治は難しいが、早期治療で症状の改善も見込める

現在のところ、メニエール病の原因ははっきりわかっていません。このため、完治させることは難しいと言われていますが、早い段階で適切な治療を行えば、症状の改善が見込めると言われています。もし、ぐるぐると回るめまいに加えて耳鳴りや難聴といった症状がみられたら、早めに医師の診察を受けましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

めまい(90) 難聴(52) メニエール病(30) 回転性めまい(4)