音響外傷とは ~ 大音量の音楽をヘッドホンで聞く人は要注意 ~

2017/10/31

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

通勤や通学中、イヤホンなどで音楽を聴いている方は非常に多いです。ただ、その際に音量を上げすぎると、「音響外傷」になってしまうかもしれません。以降で症状や原因について解説していきます。

音響外傷ってどんなもの?

音響外傷とは、非常に大きな音を聞くことで、一時的に難聴になってしまう病気です。ロックのコンサートや爆竹の破裂音、ヘッドホンで音楽を聴き続けるといったことが主な原因です。また大きな音を聞いたのがたとえ短時間だとしても、発症することがあります。

難聴というと、お年寄りがなるものだと思っている人が多いですが、音響外傷は大音量のライブハウスに行ったりする若い人にも起こりやすい難聴です。またライブハウスなどには行かなくても、ヘッドホンやイヤホンの使用で起こることもあるので、スマートフォンや携帯ゲーム機でイヤホンをしている子供にも症状がでる可能性があり、注意が必要です。

音響外傷になると、どんな症状が現れる?

音響外傷になってはじめに感じるのは、耳が詰まったような感じです。話していると、自分の声が耳の中で反響するように感じます。この詰まったような感覚はしばらくするとおさまりますが、代わりに難聴や耳鳴りの症状がでるようになります。

ただ、難聴といってもすべての音が聞き取れなくなってしまうわけではありません。音響外傷の場合は、高音や低音など特定の音だけ聞こえにくくなる特徴があります。これは片耳だけの場合もありますが、両耳で聞こえにくくなったり、耳に痛みを伴うこともあったりと状態は人により異なります。

なぜ音響外傷を発症してしまうの?

音響外傷は、短時間で非常に大きな音を聞いたことで、音を感じ取るための細胞がダメージを受けたことが原因で発症すると考えられています。通常この細胞はきれいに並んでいますが、大音量を聞くとなぎ倒されたような形状に変化します。

また、先述のとおりヘッドホンで音を聞いた際に発症することもあります。ヘッドホンやイヤホンは耳の近くで聞き続けるので、長時間細胞が音にさらされてダメージを受けていることになります。電車や屋外で音楽を聴いていると、周囲の音がうるさいので音量を上げる傾向がありますが、音量を上げることでダメージが強くなり音響外傷を誘発してしまう原因になります。ヘッドホンをしていても、外部の会話が聞こえる程度の音量がいいでしょう。

音響外傷はどうすれば治る?

「コンサートに行った後に聞こえにくくなったけれども、自然に治った」という人も少なくありませんが、音響外傷の症状が現れたら一度耳鼻科での診察を受けるようにしましょう。特に、ヘッドホンによる音響外傷は自覚がないまま進行していることも多いです。

治療は薬物療法が主になります。ステロイド剤などの薬を一定期間飲むことで、聴力はある程度回復します。けれども、細胞のダメージが強い場合はそこまでの回復が見込めないケースもあります。なお、治療中はヘッドホンやイヤホンの着用は禁止し、大きな音がする場所では耳栓をつけるようにしましょう。

聞こえにくいと感じたら、すぐに耳鼻科に行くことが大切です。お子さんにテレビの音量を上げるといった行動が見られたら、音響外傷のサインかもしれませんので、様子をみつつ病院に連れて行くようにしてください。

おわりに:若い人でも音響外傷から難聴になるリスクが

「難聴=高齢者が発症するもの」と思っている方はとても多いですが、若い方でも音響外傷によって難聴になってしまうケースが少なくありません。日常的にイヤホンなどを着用する方は、音量によく注意しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

治療(462) 原因(609) 症状(559) 難聴(52) 音響外傷(2)