喉がかゆくてガマンできない!どうすればかゆみを抑えられる?

2017/11/13

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

「喉がかゆくてイガイガする」という悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。痛みに比べガマンする人の多いかゆみですが、適切な対処をすれば喉のかゆみを軽減することができます。かゆみの原因や対処法を見てみましょう。

喉がかゆくなるのはなぜ?

 

喉の粘膜には、ウイルスやほこりが侵入するのを防ぐ役割がありますが、この喉の粘膜が乾燥したり腫れたりしたときにかゆみが生じます。では、かゆみの原因である喉の粘膜の乾燥や腫れは、どんなときに起きるのでしょうか?

風邪のひきはじめ

風邪などの感染症にかかると、喉が炎症を起こしかゆみや痛みが出ます。炎症の始めはかゆみを生じますが、徐々に痛みに変化し、発熱を伴ったり倦怠感を引き起こし、「風邪をひいた」状態になります。

アレルギー反応

喉の粘膜にアレルギーの原因となる物質が付着すると、喉のかゆみを引き起こします。これはアレルギー反応により喉の粘膜が腫れるためです。アレルゲンは花粉の他、卵・牛乳・小麦・大豆・りんご・桃・マンゴーなどの食べ物、花粉・ハウスダスト・動物の毛なども含まれます。症状が強く出ると喉の腫れが強くなり、呼吸が苦しくなる場合があり、その場合は一刻も早く病院で診察してもらう必要があります。

乾燥や寒暖差

空気の乾燥も喉の粘膜に刺激を与えるため、喉のかゆみを誘発する場合があります。空気の乾燥する冬だけでなく、空調が効いた部屋も乾燥しているので注意が必要です。また、寒暖差で喉のかゆみが発症する場合があります。

自分でできる、喉がかゆくなったときの対処法は?

喉がかゆくなると集中力がなくなったり、不快感が続いたりと日常生活に影響が生じます。自分でできる対処法を知っておくと、少しでも症状を軽減することができるかもしれません。まずは喉のかゆみの原因を知り、それに応じて対処しましょう。

うがい

風邪、花粉症などのアレルギー、乾燥、どの原因の喉のかゆみにもうがいは有効です。喉や口の中の雑菌や花粉を洗い流すと同時に、喉を潤すことができます。喉のイガイガが気になったらこまめなうがいを心がけましょう。

鼻うがい

鼻うがいは、うがいよりも喉の奥まで洗い流せるので喉のかゆみの改善に効果的です。しかし、鼻うがいは正しいやり方でやらないと症状を悪化させる可能性もあります。専用の機器や洗浄液を使い、医師の指示を仰ぐなどして行いましょう。1日1回の鼻うがいは、花粉症やかぜの予防にもなると近年注目されています。

部屋の加湿

部屋を加湿することで、喉のかゆみを抑えることができます。部屋の加湿は、乾燥が原因の喉のかゆみに効果的なのはもちろんのこと、ハウスダストや花粉が舞うのを防ぎ、ウイルスや風邪の原因となる細菌の増殖を抑える効果もあります。加湿器を使ったり、部屋干しをしたりして部屋を加湿しましょう。

空気清浄機

花粉やハウスダストなどを除去できる空気清浄機も有効です。ウイルスや細菌も除去するタイプのものもあり、風邪予防にもなります。部屋で使う場合は、常時運転するようにしましょう。

アレルゲンを避ける

アレルギーがかゆみの原因の場合は、アレルゲンに触れないようにすることが一番大切です。花粉症ならメガネやマスクで花粉が体内に入らないようにしたり、花粉を吸着しやすいウールではなくナイロンなどのツルツルした素材を着用すると、花粉に触れる量を減らすことができます。食べ物が原因のアレルギーの場合は摂取しないようにしましょう。

掃除

ハウスダストがかゆみの原因の場合は、こまめな掃除が効果的です。カーペットや寝具も、布団や布用の掃除機で丁寧に吸い取ることでハウスダストを減らすことができます。また、カーテンは外気に乗って付着した花粉がついていることもあるので定期的に洗濯をしましょう。なお、掃除をしている時にハウスダストが舞い上がり、喉がかゆくなったり、鼻水やくしゃみが出たりすることもあるので、マスクをつけて掃除することをおすすめします。

日常生活で気をつけること

規則正しい生活やバランスのとれた食生活は風邪を予防し、アレルギーの発症を抑えます。免疫力を高めるよう日頃の生活にも注意をしましょう。また、タバコは喉の粘膜を傷つけます。喉のかゆみや痛みが気になる人は喫煙しない方がいいでしょう。

その他に、のど飴をなめる、喉を温める、マスクをするなども、喉のかゆみの緩和に繋がります。喉のかゆみの原因を遠ざけ、かゆみが発症したら喉のケアをするのが基本です。

病院で喉を診てもらったほうがいい場合は?

セルフケアではかゆみが落ち着かず、長期間続くようなら病院の受診も考えましょう。喉の症状が主であれば耳鼻咽喉科が専門ですが、明らかに花粉症などのアレルギー症状によって喉のかゆみが生じている場合はアレルギー科を受診してもいいでしょう。

また、喉のかゆみや違和感は、逆流性食道炎や糖尿病、甲状腺異常、貧血やストレスが原因となって起こる場合もあります。「かゆみだけだから」と思わず、長く続くようなら積極的に病院を受診してください。

 

おわりに:セルフケアで対処しても喉のかゆみが続く場合は病院へ

痛みより後回しにされがちなかゆみですが、放置していると症状が重症化することもあります。特定の病気が原因で喉のかゆみや違和感が生じている可能性もあるので、気になる場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

かゆみ(79) 治療(462) 原因(609) 対処法(192) 喉(13)