げっぷが出る原因とは!? 病気から出るげっぷもあるの?

2017/12/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

げっぷは胃の中の空気が口から出てくる生理現象です。生理現象なので基本的に気にする必要はありませんが、あまりにも回数が多い場合は少し問題が隠れている可能性があります。この記事では、げっぷがでる原因について解説しています。

げっぷはなぜ出るのか?

げっぷとは、胃の中にあるガスや空気が口から出てくる現象のことです。
呼吸したり、食事をしたり、会話をしたりといった何気ない普段の行動で空気が胃に溜まっていきます。胃に溜まった空気はある程度は胃が吸収しますが、量が多くなると次第に溜まっていき「げっぷ」として排出されます。

げっぷがでるほど空気が胃に溜まる原因はさまざまありますが、早食いをすると食べ物と一緒に空気をたくさんとりこむことになるため胃に空気が溜まりやすくなり、げっぷが出やすくなるといわれています。また、ストレスもげっぷとの関係性が指摘されています。最近げっぷが出やすいという人は、早食いをしていないか、ストレスが溜まっていないかなど、生活習慣を見直したほうがいいかもしれませんね。

ただし、胃に空気が溜まっていない場合でもげっぷが頻繁に出ることがあります。それはお腹に膨満感がある場合です。お腹の膨満感を和らげようとして、げっぷが出ることもあるようです。

こんな病気が原因のことも!?

「最近、頻繁にげっぷが出る…」という方は病気が原因になっている可能性もあります。

げっぷの原因として代表的な病気が「空気嚥下症」です。空気嚥下症とは、空気を吸い込む量が通常よりも増えてしまう病気のことで、意識の有無に関わらず、空気を吸い込む量が増えてしまいます。はっきりと解明されたわけではありませんが、原因として代表的な要素とされているのが「精神不安」です。抑うつやヒステリー、神経症が起きているときに、発生しやすくなります。ほかにも、心不全などが起きたときなどにあらわれることがあります。

他にも、げっぷが出やすくなる病気がありますので、簡単にご紹介します。

胃不全麻痺

胃の筋肉が弱くなる病気です。筋肉が弱まることによって、食べものが消化されず、げっぷが発生しやすくなります。

胃炎

胃炎はその名の通り、胃に炎症が起こることで発生する病気です。胃炎もげっぷの原因となり得ます。

 

対処法と治療法

げっぷの回数が数えるほどならば、特別な治療をする必要はありません。ただし、頻繁にげっぷが出るのであれば、話は別です。そこで、対処法や治療法などを簡単にご紹介します。
最初は家庭での対処法です。「あまりにも頻繁にげっぷが出てしまう」という場合は横になってみましょう。横になることでげっぷが治まることがあります。また、早食い防止のために、食べたり飲んだりするスピードをスローダウンするようにしましょう。
セルフケアでよくならないときは、もしかしたら病気が原因のげっぷかもしれません。早めに病院に相談してみることをおすすめします。

おわりに:げっぷが止まらずきになっている人は、病院に相談してみよう

げっぷ自体は生理現象であり、セルフケアで治ることもあります。しかし、あまりに回数が多いものやセルフケアで治まらないものについては病気が原因になっている可能性もあるので、油断は禁物です。「最近、げっぷが頻繁に出る」「気づいたらげっぷをしている」という方は病院に相談するようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

げっぷ(18) 胃不全麻痺(2) 胃炎(11) ダンピング症候群(5) 空気嚥下症(4)