吐き気に注意!疑わしいときはすぐに病院へ

2017/12/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

吐き気とは、胃がむかむかしたり吐き出したくなる衝動にかられる状態であり、非常に身近な症状です。ちょっとした不調が原因のこともあれば、深刻な病気のサインとして現れていることもあります。この記事では吐き気について解説しています。危険な吐き気についても紹介しているので、きちんと把握しておきましょう。

吐き気とは

吐き気とは、みぞおちから胸にかけてムカムカとした不快感があり、食べたものを吐き出したくなる症状のことです。「悪心(おしん)」とも言われ、身体のさまざまな異常が原因となって引き起こされます。
吐き気を起こすと嘔吐が起こることがありますが、嘔吐を伴わない吐き気もあります。吐き気の原因は、食べ過ぎや二日酔い、食中毒、乗り物酔い、薬の副作用、悪臭などの日常的なものから、ストレスなどによる精神的なもの、病気によるものなど、さまざまなものがあります。また妊娠や更年期障害、熱中症でも吐き気が起こる場合があります。

吐き気の原因となる病気

吐き気や嘔吐の中で、いちばん可能性が高いのは消化器官による病気によるものです。胃炎、胃潰瘍、虫垂炎、盲腸炎 、十二指腸潰瘍、胆嚢炎など、さまざまな病気が考えられます。
吐き気や嘔吐、下痢が同時に発生する場合には、ノロウイルスやアデノウイルス、大腸菌などに感染し食中毒を起こしている可能性があります。ただし、どちらか一方しか発症しないこともあるので、注意しましょう。

また、くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎などの頭蓋内疾患や、狭心症、心筋梗塞などの心疾患の場合も、吐き気や嘔吐の症状を見せる場合があります。心疾患の場合は、胸の違和感や不安感を吐き気として捉えていることもあるといわれています。
その他、メニエール病の発作で、めまいとともに吐き気が起こることもあります。

こんな吐き気には注意

吐き気とともに激しい頭痛がある場合は、くも膜下出血や脳内出血などの脳出血や、髄膜炎など深刻な病気の可能性があります。 また、頭痛がなくても、目がうつろだったり、ろれつが回っていなかったり、ボタンをとめるなどの単純な動作ができない(巧緻障害)が現れているときはすぐに病院を受診しましょう。

吐き気とともに胃の痛みが強く感じられるときは、胃炎や胃潰瘍も考えられます。症状が進むと、胃粘膜から出血が起こり便に血が混ざったり、貧血を起こしたり疲れやすくなったりすることがあります。そのような症状が見られたら、早めに検査するようにしてください。

そのほか、吐き気が続くときは自己判断をせずに主治医の診断を受けましょう。また、胸痛、腹痛、意識障害をともなう場合や、頭部を強く打った後に吐き気が起きた場合は、救急車を呼び一刻も早く病院へ行きましょう。

おわりに:吐き気の中には危険な病気が隠れているものも。疑わしいときはすぐに病院へ

吐き気の原因はさまざまです。食中毒や薬の副作用などの日常的なことから、ストレスなどの心因性、あるいは妊娠の可能性もあります。また、危険な病気が関係していることもあります。吐き気の原因に思い当たることがなかったり、また激しい頭痛や腹痛などを伴ったりする場合には、自己判断をせずにすぐに病院で診断を受けるようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

吐き気(121) 食中毒(62) 脳梗塞(92) 心筋梗塞(72) 胃潰瘍(53) 脳出血(35)