手湿疹を予防したい人必見! 日常生活でできる工夫とは?

2018/4/9

田中 美帆 先生

記事監修医師

メディアージュクリニック青山、皮膚科

田中 美帆 先生

毎日の皿洗いなどが原因で発症し、お悩みの方も多い「手湿疹」。一度できてしまうとなかなか治りづらい厄介な皮膚トラブルですが、この手湿疹を予防するにはどういった方法が効果的なのでしょうか?

手湿疹の主な原因は?

手湿疹とは一般的に主婦湿疹とも呼ばれ、様々な刺激や生活環境により手に炎症や痛みに加え、痒みなどを発生させます。乾燥が酷くなる事で湿疹にひび割れや皮剥けとなり、皮膚が割れて出血する場合もあります。水仕事などをする人には特に多い症状であり、完治するのは簡単ではありません。

手湿疹を引き起こす原因としては、水仕事で刺激の強い洗剤や石鹸などの洗浄剤の使用、熱めのお湯で必要な皮脂や保湿成分が失われる事などによる極度の乾燥が挙げられます。更に日常生活において様々な手にかかる摩擦や刺激なども、原因の一つになります。

手湿疹を防ぐには?

手湿疹の主な原因のひとつは乾燥のため、水仕事の洗剤などで刺激を与えた後に保湿を怠ると、手湿疹の症状を悪化させる恐れがあります。そのため少しの水分でも拭き取りを忘れず、またクリームなどを使用して失われた皮脂を補わなければなりません。当然手湿疹の予防の意味でも、普段から手に対する保湿を意識し、水分や油分を十分に与えて潤いを持たせる事が重要です。痛くて痒みのある赤みを帯びた手湿疹で悩まないためにも、顔のお肌と同じように乾燥させないよう毎日のハンドケアに力を入れて予防し、肌バリア機能を保つ事が大切です。

水仕事をするときはゴム手袋をする

最近出回っている食器用洗剤は、油汚れを落とす力が非常に強く、それだけ強力な刺激になります。つまり、お皿に残った料理の油などを落とすうちに、手の保湿成分や皮脂をも落としきってしまう恐れがあります。

そのため、水仕事の際にはゴム手袋の着用をおすすめします。ゴム手袋の存在はとても重要なものであり、洗剤や水にお湯から皮膚を守る役割を果たし、それによって手の保湿成分や皮脂の流出を食い止めます。

洗剤、シャンプーなどを刺激の少ないものに変える

洗浄効果の高い洗剤やシャンプー剤などは、界面活性剤などの作用によって効果を発揮するものです。一方界面活性剤はお肌にとっては大きな刺激となりかねない成分でもあり、一番その影響を受けるのが手です。

手湿疹発症のキッカケは乾燥による水分や皮脂量の不足です。つまり界面活性剤等の刺激の強い洗浄剤を使い続けると、それだけ手湿疹の症状の改善は難しく益々悪化させるというループに陥ります。そのため、長く使い続けられるような低刺激タイプを利用するのが良いでしょう。手の保護を意識したケアの一歩と予防にもなります。

保湿剤はこまめに塗る

普段からゴム手袋で水仕事や作業を行い、十分な水分と油分で保湿をすることが手湿疹予防には有効です。洗い物が済んだ後にはクリームなどを塗る習慣をつけましょう。手湿疹の状態が重い場合は、皮膚科でステロイド軟膏などを処方してもらいましょう。

おわりに:ちょっとした工夫の積み重ねが、手湿疹予防につながる

洗剤やシャンプーなど日常的によく使うものの影響で、手湿疹はすぐにできてしまいます。ゴム手袋をつけたり、洗剤を低刺激のものに変えたり、こまめに保湿したりといったちょっとした工夫の積み重ねで、未然に手湿疹を予防しましょう。

この記事に含まれるキーワード

乾燥 ワセリン 保湿 ヘパリン 手湿疹 洗剤 亜鉛華軟膏 ゴム手袋