かさぶたを剥がさないほうがいい理由は?

2018/3/23

田中 美帆 先生

記事監修医師

メディアージュクリニック青山、皮膚科

田中 美帆 先生

転んだり擦りむいたりした傷跡にできる「かさぶた」。かゆみやデコボコ感が気になって、ついつい剥がしてしまう方も少なくないでしょうが、「かさぶたは剥がさないほうがいい」という話も…。では、なぜかさぶたは剥がさないほうがいいのでしょうか?

かさぶたができる理由は?

転んだり、擦りむいた時にできるのがかさぶたです。血液中に含まれる赤血球や血小板、血液を固める働きをするタンパク質からできており、傷の表面をカバーする役割があります。

かさぶたができる理由は、傷をカバーすることで出血を止めるだけではありません。外から雑菌が入るのを防ぐ働きもあります。さらに、重要な理由として、傷の治りを早くするという役割もあります。乾燥していると傷の治りは遅くなってしまうのですが、かさぶたができることで内部は湿潤環境が保たれて早く治るということです。

かさぶたは、新しい皮膚が作られて傷口が治ると自然に剥がれ落ちます。化膿や炎症を起こしていると、自然に剥がれ落ちないこともありますが、多くの場合はかさぶたができることできれいに治ります。

かさぶたはどうやってできるの?

傷ができると、皮膚が壊れて出血が起こります。すると身体は出血を止めるために、血管を収縮させて体外に出る血液の量を減らします。そしてこのとき、傷口に血小板が集まり、血の塊となってふさいでいきます。これによって出血はおさまりますが、そのままでは傷口を治すことができません。血小板の酵素がフィブリンと呼ばれる繊維状のタンパク質に変化し、血小板や赤血球と合わさることで、傷口をカバーするかさぶたが出来上がるのです。

中には、血液が蒸発することで固まると考えている人もいるようですが、そのようなことはありません。血液中の成分が傷口に集まり、変化するということでかさぶたができます。なお、泥だらけの道などで転ぶと、傷口に石や泥が入ってしまうこともあるので、転んだ傷跡は、まず水でしっかり洗い流して清潔にしておくことが大切です。

かさぶたを剥がさないほうがいいのは何故?

かさぶたがあると、気になったり、かゆみがあったりするのでつい剥がしたくなってしまいますが、「かさぶたは剥がさない方がいい」と言われるのには、きちんとした理由があります。かさぶたを剥がすと、また新しいかさぶたができるのですが、繰り返すことで傷跡が残りやすくなってしまうというデメリットがあるからです。また、傷口の治りも悪くなってしまいます。さらに、剥がした傷口から菌が入り込んでしまい、感染の危険性も高まります。

つまり、かさぶたには傷口をカバーするという本来の役目がありますが、それを剥がすとその役割を失わせてしまうだけでなく、症状が悪化してしまうこともあるのです。傷跡をきれいに治すためにも、剥がさないようにしましょう。かゆみを感じる場合は、保湿をすると改善します。

かさぶたを作らないための治療法とは?

「傷跡にはかさぶたができる」いうのが一般的なイメージですが、最近はかさぶたを作らないための治療法が登場しました。湿潤療法と呼ばれる治療法です。この治療法は、傷口を乾燥させないことで自己免疫力を上げて早く治すというもので、その分早くきれいに治すことができるというものです。

具体的には、傷口に付いた泥などの汚れを水で洗い流してから、専用の絆創膏を貼るというものです。この絆創膏は傷が治るまで貼り続けた状態にします。専用の絆創膏がない場合でも、ワセリンを傷口に塗り、その上からラップをすることで代用できます。ラップは1日に1回は交換するようにして清潔な状態を維持します。夏場は汗をかくので1日に2~3回交換するようにしましょう。傷口を清潔に保ちながら乾燥を防ぐことが大切です。

おわりに:かさぶたを剥がすと傷跡が残りやすくなり、感染症のリスクも!

いかがでしょうか。「かさぶたを剥がさないほうがいい」のは、傷口のカバーができなくなるだけでなく、傷跡が残りやすくなったり、新たな感染症を引き起こしたりする可能性が上がるからなのです。ついつい剥がしたくなる気持ちもわかりますが、キレイに治すためには、少しの間我慢することも大切です。

この記事に含まれるキーワード

絆創膏(7) ワセリン(8) かさぶた(6) 湿潤療法(2) 剥がす(2) ラップ(1)