ペルテス病は手術をしなくても治せるの?

2017/12/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

大腿骨骨頭が一時的に壊死することで、痛みが生じたり、歩行困難になったりする「ペルテス病」。子供が発症することのある病気の一種ですが、もしお子さんがペルテス病と診断されてしまった場合、手術が必要になるのでしょうか?治療法を中心にお伝えしていきます。

ペルテス病とは?

 

ペルテス病とは、2歳から12歳くらいの男の子に多くみられる、大腿骨骨頭という骨盤に接する太ももの骨の先端が壊死してしまう病気です。大腿骨骨頭の成長過程において、何らかの原因により血流が悪くなって栄養が行き届かなくなることで発症します。繰り返しの外傷による血行障害・血液凝固の異常・受動喫煙が原因ではないかと言われているものの、まだはっきりした原因は分かっていません。

どんな症状が見られるの?

もしも歩き方がおかしかったり、股関節の辺りを痛がったりするのであれば、ペルテス病の可能性があります。こういった症状は片側にのみ発症する場合が多いものの、両側に発症する場合もあります。

大腿骨骨頭の壊死は、3年ほどすると自然治癒する場合が多いのですが、悪化して股関節に後遺症が残ることも多いので注意が必要です。また、たとえ痛みが自然になくなったとしても、病気自体はそのまま進行を続けている可能性もあります。

悪化して壊死した骨頭がつぶれ変形がひどくなると、たとえ装具を使用しても歩行困難になる可能性もあります。特に小さな子供だと症状を的確に伝えることができないため、保護者が気づいてあげられるかどうかがカギを握ります。

ペルテス病はどうやって治療するの?

ペルテス病の治療方針は、骨を治すというよりも、骨が正しく再生・修復するのを手助けすることにあります。ペルテス病は治療せずに放置すると、変形した状態で骨が形成されてしまうため、装具をつけたり手術を行なうことによって正しく再生するように導く必要があるのです。

新しい骨が作られるまでには1~2年ほどかかるため、骨が整うまでに訓練やリハビリを行う必要があります。発症したときの年齢や症状の程度により、具体的な治療法は異なりますが、手術や装具の装着を行うのが一般的です。

手術が必要なのは、どんな状態のとき?

ペルテス病になったからといって、必ずしも手術をしなければならないというわけではありませんが、遅い年齢で発症すると骨の再生に時間がかかる分、装具をつける期間が長くなり、患者への負担が大きくなったり、骨頭がさらに変形してしまったりする恐れがあります。そのため手術となる可能性は高いです。ペルテス病の手術では、人工的な骨折を作って大腿骨の骨頭を包み込む骨切り術などが行われます。

なお、低年齢ですぐに治療した方が手術の必要性も少なく、短期間で完治し、予後も良好です。

おわりに:発見が遅れると手術を要する可能性が高くなる

遅い年齢でペルテス病を発症してしまったり、発見が遅れてしまったりすると、手術が必要になる可能性が高くなります。ペルテス病は早期発見・早期治療が大切な病気です。股関節のあたりを痛がる、片足を引きずって歩くなどの異変がお子さんにみられた段階で、すぐに病院に連れていくことが重要です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

痛み(148) 手術(138) リハビリ(49) 股関節(6) 歩行困難(5) ペルテス病(2) 大腿骨骨頭(2) 骨切り術(3) 装具(2)