早漏治療をする前に知っておきたいリスクとは?

2017/12/12

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

早漏(そうろう)とは、腟に挿入してから射精までの時間が2分以内のことをいいますが、パートナーが挿入時間に満足していなければ早漏とみなされます。病院でも治療が可能といわれていますが、早漏治療にはどんなリスクがあるのでしょうか。

早漏(そうろう)の診断基準について

自分は早漏(そうろう)ではないかと心配する前に、まずは早漏(そうろう)の診断基準を一度理解しておくことをおすすめします。
早漏(そうろう)とは性行為を開始してから射精するまでの時間が短い症状のことです。期間が短いという診断基準は、腟に陰茎を挿入してから射精までの時間が2分以内であり、挿入する前や挿入中あるいは挿入後に自分の意志に関係なく僅かな性的な刺激で射精してしまい射精のコントロールができないことです。また、射精までの時間が短いことが原因でパートナーとの間で関係が悪化していることなども診断基準に含まれます。

全ての診断基準が満たされた場合はもちろん早漏(そうろう)と診断されますが、一つでも当てはまるのであれば治療対象になります。パートナーとの間で射精までの時間が短いという共通認識があり悩んでいるのであるならば、一度治療を検討することを推奨します。

どんな早漏治療があるの?

次に早漏(そうろう)の治療方法には、内科的治療、外科的治療、保存的治療の3種類に大きく分けることができます。

まず内科的治療とは内服薬や塗り薬などを用いる治療方法で、最も行われている治療方法です。使われる内服薬として、ダポキセチンや抗うつ薬、ED治療薬、トラマドールなどがあります。

ただし、ダポキセチンは日本では認可されていませんので個人輸入でしか入手できません。性行為前に服用すると射精までの時間を約3倍延長できるといわれていますが、使用にはリスクが伴うので現状ではおすすめしません。
抗うつ薬は性行為の緊張を緩和することで早漏の改善を目指します。
ED治療薬は勃起不全の場合に使われますが、EDの人で早漏(そうろう)症状がある人に使われます。
トラマールは鎮痛剤の一種であり、服用すると射精までの時間を4倍以上延長できるとされています。

外科的治療としては、包茎手術とヒアルロン酸注入で対処するのが一般的といえるでしょう。また、薬など使用しない心理療法などで心理的不安を取り除くことで治療することもあります。

早漏治療によって起こりうる代表的なリスクとは?

早漏(そうろう)の治療は、担当医とよく相談しながら十分納得したうえで決定するようにしましょう。そのときには、早漏治療のメリットだけでなく、リスクについても十分説明してもらって下さい。

最もリスクが高いといえるのは外科的治療でしょう。ヒアルロン酸注入手術は亀頭全体にヒアルロン酸を注入する事で亀頭が強化され、持続時間が長くなります。手術も10分程度で完了し入院も不要な手軽な治療法ですが、リスクとして内出血する恐れがあります。内出血が起こった場合は完治まで2週間程度かかるといわれています。

内科的治療で使う薬にも、副作用のリスクがあります。ダポキセチンは吐き気や下痢、めまいを引き起こす場合がありますし、抗うつ薬も医師の指導の元摂取量を守らなければ、何らかの不具合が生じる可能性があります。薬での治療では、服用方法を理解して医師の指導のもと用量と用法をまもって正しく服用するようにしましょう。

おわりに:早漏治療にもリスクがある。正しい知識を得ることと同時に、医師の指示を守って治療を続けることが大切

早漏は他人に相談しにくいデリケートな悩みのため、なかなか改善に至らずひとりで思い悩んでいる人もいることでしょう。しかし、適切な治療を受ければ、早漏は改善できることもあるといわれています。ただし、どんな治療にも言えることですが、薬や手術には副作用やリスクが伴います。治療前に必ずメリットとデメリットを説明してもらい、十分納得したうえで治療方法を選択するようにしましょう。また、治療を開始したら医師の指示通り治療を進め、自己判断で薬を飲みすぎたりしないようにしてください。

 

関連記事

この記事に含まれるキーワード

早漏(5) 抗うつ薬(43) 早漏治療(2) 射精コントロール(1) ダポキセチン(1) ED治療薬(2) トラマドール(1)