高血糖で糖尿病性ケトアシドーシスになるのはどうして?

2018/5/8 記事改定日: 2019/8/1
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

糖尿病性ケトアシドーシスは、吐き気や腹痛を引き起こし、最悪の場合は昏睡状態に陥るなど、命に関わる可能性もある状態です。糖尿病性ケトアシドーシスの原因は「高血糖」ですが、なぜ高血糖になると糖尿病性ケトアシドーシスになってしまうのでしょうか?

糖尿病性ケトアシドーシスとはどんな状態?

糖尿病性ケトアシドーシスとは、主に1型糖尿病の人が発症する糖尿病の急性合併症です。

  • 倦怠感
  • 吐き気・嘔吐
  • 腹痛
  • 脱水症状
  • 果物の香りのような息

などの症状が現れます。

悪化すると痙攣、昏睡状態など重篤な状態に至ることもあるため、早急に病院を受診する必要があります。

高血糖だとなんで糖尿病性ケトアシドーシスになるの?

糖尿病性ケトアシドーシスは著しいインスリン不足による高血糖が原因で引き起こされます。

インスリンが不足すると体内では脂肪組織が分解されて脂肪酸が増え、それが肝臓内でケトン体に合成されます。
血液中にケトン体が大量に放出されると血液が酸性に傾く「アシドーシス」になり、糖尿病性ケトアシドーシスを発症することになるのです。

1型糖尿病患者はインスリンがほとんど分泌されなくなるので発症リスクが高く、インスリンの自己注射を自己判断で止めたり、自己注射用の機器の不具合で正しく投与ができていないときなどをきっかけに発症します。

糖尿病性ケトアシドーシスを防ぐ対策は?

1型・2型どちらも、体力が低下しているときに高血糖状態ならびに糖尿病性ケトアシドーシスを引き起こす傾向にあります。

シックデイ(調子の悪いとき)のときは、安静を心がけ、食欲がない場合は少しだけでもいいので食事を摂るようにし、インスリン注射や病院で出された薬は勝手に中断しないようにしましょう。

おわりに:インスリン注射の打ち忘れや、清涼飲料水の過剰摂取には要注意!

糖尿病性ケトアシドーシスのきっかけは

  • インスリン注射の打ち忘れ
  • インスリンの自己注射の不具合

など、ある程度特定されています。糖尿病患者さんはこれらのことに気をつけ、未然に高血糖を防ぎましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

吐き気(122) 2型糖尿病(32) 高血糖(32) 1型糖尿病(26) 脱水症状(32) インスリン(61) 糖尿病性ケトアシドーシス(8) 昏睡(9) ジュース(5)