口唇口蓋裂の治療で行われる手術について

2018/1/9

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

顔の形態異常で最も多いといわれる「口唇口蓋裂」ですが、この口唇口蓋裂には具体的にどんな手術が実施されるのでしょうか?以降で詳しく解説していきます。

口唇口蓋裂とは?

口唇口蓋裂は、生まれてきた赤ちゃんの口に裂け目ができている病気で、顔に出る形態異常の中で最も多い病気です。胎児の時期に作られるはずだった組織が正常に作られなかったことや、組織がつながらないまま生まれてきてしまうことで起こります。原因としては、遺伝的なものや胎児の時期の環境的なもの(母親の年齢や感染症、薬など)が複雑に絡み合って起こると考えられています。

口唇口蓋裂はくちびる、口の中の上あご、歯ぐきなどに起こり、裂け目が大きいものでは鼻の機能も影響を受けることがあります。裂けている部位は一部分だけのものから数か所まで、程度は様々です。裂けている程度によって機能障害も変わってきますが、言葉を話したり、ミルクを飲む時や食べ物を食べる時に不具合が出ることがあるので、手術を行うなどして機能の改善を図ります。

口唇口蓋裂の種類によって手術は異なる

口唇口蓋裂には、唇が裂けている口唇裂、上あごが裂けている口蓋裂、歯ぐきが裂けている顎裂があり、それぞれで治療法は異なります。

まず口唇裂の場合には、くちびるを縫合する口唇形成術を生後3か月頃に行います。

次に口蓋裂では、口蓋形成術を行います。口蓋が裂けていると機能的な面での問題が大きく、口の中のものが流れ出ることで中耳炎を起こしたり、言葉を上手く発することができずに言語障害が出てしまう恐れがあるからです。口蓋形成術を行うのは1歳頃が多いようですが、全身状態や合併症の有無で変わってきます。

最後に、顎裂の治療では顎裂部骨移植術が行われます。これは自分の骨を移植して足りていない歯ぐきを補うものです。この手術を行うのは10歳前後のときですが、その時期よりも前に歯槽骨膜形成術を行うことがあります。歯槽骨膜形成術は顎裂部の骨膜をくっつける手術で、骨の生成が活発な乳幼児期の頃に行うことで、自然と足りていない骨が出来上がってくるので、顎裂部骨移植術を行う必要がなくなるというメリットがあります。

具体的な手術の方法について

口唇裂の手術法である口唇形成術とは、裂けているくちびるの部分を縫い合わせる手術です。くちびるだけでなく鼻の方まで裂け目がある場合には、鼻の手術を同時に行ったり、鼻の軟骨を矯正する器具を使います。所要時間は2時間ほどで、手術の後の夕方から母乳やミルクを口から飲むことができます。

次に口蓋裂の場合に行われる口蓋形成術は、裂けている部位の程度によって内容が変わってきます。裂けている部位が大きい時にはプッシュバック法といって粘膜と骨膜を移動させて穴を塞ぎます。裂け目が小さい場合にはファーラー法というやり方で粘膜をZ状に縫い合わせます。口蓋形成術は施設によってやり方には様々なものがあります。

最後に顎裂部骨移植術は、自分の腸骨を裂けている部位に移植する手術です。移植した骨を粘膜で完全に覆うことで正常な歯ぐきを再建します。この手術は乳歯と永久歯が混同している時期に行いますが、歯の生え換わりの時期には個人差があるので、個人個人によって手術を行う時期には差が出てきます。

おわりに:重症度や種類に応じて適切な手術を

ご紹介してきたように、口唇口蓋裂に対して実施される手術は、口唇裂か口蓋裂か、それとも顎裂かによって変わっていきます。重症度に応じて治療にかかる期間やリスクも変化するので、詳しくは専門医にお尋ねください。

厚生労働省 の情報をもとに編集して作成 】

関連記事

この記事に含まれるキーワード

口唇裂(4) 口蓋裂(7) 口唇口蓋裂(6) 歯槽骨膜形成術(1) 顎裂部骨移植術(1) 口蓋形成術(2) 口唇形成術(1) 顎裂(1)