ブリッジの種類とメリット・デメリットについて

2017/12/15

記事監修医師

日本赤十字社医療センター、歯科・口腔外科

川俣 綾 先生

ブリッジとは、なくなった歯を補う治療のひとつです。なくなった部分の隣の歯を削り土台にし、橋を渡すようになくなった部分を補います。この記事では、ブリッジ治療のメリットとデメリットを紹介していきます。人工歯の治療を検討している人は参考にしてください。

ブリッジはどんなもの?

欠損歯を補う治療のひとつにブリッジがあります。ブリッジという治療名は、いわゆる川などに架ける橋からきていて、抜けた部分の左右の歯を削り、橋渡しをすることで人工歯を装着する治療法です。

歯が抜けたままの状態を放置してしまうと、前後の歯が欠損部分へ倒れてきたり、かみ合わせの歯が伸びてきたりして噛み合せに影響が出てきたり、発声に問題が起こることもあります。もちろん見た目もよくありません。このようなトラブルを防止するために、ブリッジや入れ歯、インプラントなどで補う必要があるのです。
ただし、土台に使う歯が健康で十分な強度を保っている必要があるため、状態によってはブリッジ治療が選択できないこともあります。

ブリッジにはどんな種類があるの?

ブリッジ治療に用いる素材には、いくつか種類があります。

レジン前装冠

金属のフレームと硬質レジン(歯科用プラスティックのこと)を用いたブリッジです。審美面も補い、安価なことがメリットですが、経過とともに黒ずみや汚れが出やすく、変色などが発生することもあります。

金銀パラジウム合金

金合金やプラチナ合金を使ったブリッジです。歯にフィットしやすく強度があります。ただし、いわゆる金歯のように見えてしまうため、審美的な部分を考えると好ましいとはいえないでしょう。

メタルボンド

メタルボンドとは、外側がセラミック、内側が金属のフレームになっている人工歯のことです。変色に強くツヤもあり、見映えも自然で、金属フレームのために強度も高いです。ただし、金属アレルギーの人は使用できませんし、歯の状態などによっては金属部分が目立ってしまう場合があります。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、硬質レジンにセラミックを混ぜ込んだ素材であり、両者の性質をあわせ持っていることが特徴です。審美性に優れていますが、オールセラミックに比べると劣ります。

オールセラミック

オールセラミックは、セラミック素材だけでできている人工歯です。金属を使用していないためにアレルギーの心配がなく変色にも強いく、非常に審美性が高いです。

ブリッジを選ぶメリットとデメリットとは?

メリットのひとつに、レジン前装冠と金銀パラジウム合金は保険適用されるケースが多いため、安価に治療を受けられることが挙げられます。また、外科治療の必要がないため、インプラントに比べると治療期間が少なくてすむこともメリットのひとつといえるでしょう。
入れ歯に比べると噛み心地も自然な歯に近くなり、話すときや食事のときの不快感も少なく、審美性も優れています。

しかし、ブリッジ治療をするためには、土台になる健康な歯を削る必要があり、自分自身の歯の寿命を短くしてしまうというデメリットがあります。そして削った歯には、ブリッジで補った歯の負担もかかってくるため、さらに寿命が短くなってしまいます。
また、ブリッジで補った部分の歯茎には刺激が与えられなくなってしまうため、歯茎が痩せやすくなってしまうことも大きなデメリットといえるでしょう。

おわりに:ブリッジのメリットとデメリットを理解し、他の治療法も検討しながら自分にあった治療法を選択しよう!

ブリッジは、インプラントに比べると安価で治療期間が短く、入れ歯に比べると使用感や見た目に優れているというメリットがありますが、健康な歯を削るため自分自身の歯の寿命を短くしてしまうリスクがあり、治療後も土台となる歯の健康状態の経過観察が必要です。ブリッジだけでなく、インプラントや入れ歯など他の治療法のメリットとデメリットもきちんと理解し、自分の状態とライフスタイルにあった治療法を選ぶようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

入れ歯(10) インプラント(12) ブリッジ(7) レジン(3) 人工歯(2) セラミック(2) パラジウム合金(1) メタルボンド(1)