OGTT(経口糖負荷試験)とはどんな検査なの?

2018/1/9

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

糖尿病が疑われる際、血糖値の変化などを調べるOGTT(経口糖負荷試験)という検査が行われます。こちらの記事では、OGTTの目的や検査方法、糖尿病の診断基準となる数値ついて解説します。

OGTT(経口糖負荷試験)とは

OGTT(経口糖負荷試験)とは、糖尿病や糖尿病予備軍を発見するための検査の一種を指します。糖尿病にかかっているおそれがある人にブドウ糖を含む飲み物を飲ませ、一定の時間ごとに採血し、血糖とインスリンの変化を調べることで糖尿病にかかっているかどうかを診断するものです。

OGTTの目的は、発症した糖尿病を発見することだけではありません。「境界型」と呼ばれる、糖尿病に移行するリスクが高い状態を発見し、糖尿病への進行をくい止めることをも目的としています。糖尿病と確定される前の段階では、糖尿病とは言い切れないような空腹時血糖の上昇や、空腹時には問題なくとも食後の血糖値の上昇が見られることがあり、OGTTではこの状態を発見できるとされています。

OGTTの検査方法

以下は、OGTTの検査の流れです。

1.絶食する

検査の10~16時間前から飲食をしないようにします。少量の水であれば飲んでも問題ありません。たいていの場合、検査の前日の午後9~10時からは何も口にしないようにと指導されます。なお、検査日前の3日間は、通常の食事を摂るようにします。

2.採血する

採血し、空腹時の血糖とインスリンを測ります。病院によっては、このときに検尿も行われます。

3.ブドウ糖を摂取する

ブドウ糖を75g含む飲み物を飲みます。

4.一定時間ごとに採血する

医療機関によって多少差はありますが、30分後、60分後、90分後、120分後に採血するのが一般的です。採血したのち、血糖とインスリンを測ります。

検査がすべて終了するまで飲食はできません。

OGTTの基準値

糖尿病の診断の際には、OGTT2時間値(ブドウ糖75gの摂取2時間後の値)だけでなく、空腹時血糖と随時血糖も基準になり、「正常型」「糖尿病型」「境界型」の3つに分類されます。なお、正常型と糖尿病型のどちらにもあてはまらないものが境界型です。

正常域

以下の両方を満たすものを正常型としています。

・空腹時血糖値:110 mg/dL未満
・OGTT 2時間値:140 mg/dL未満

糖尿病域

以下のどちらかを満たすものを糖尿病型としています。

・空腹時血糖値:126mg/dL以上
・OGTT 2時間値:200mg/dL以上

随時血糖値が200mg/dL以上の場合も糖尿型とされます。また、正常型と判断される数値であっても、OGTT1時間値(ブドウ糖75gの摂取1時間後の値)が180mg/dL以上であればより糖尿病に進みやすいとされているため、境界型のように経過観察などが必要です。

1回目のOGTTで糖尿病型と判断されれば、できるだけ1ヶ月以内に再検査を行い、2度目の検査でも糖尿病型の結果が出た場合は糖尿病と診断されます。また、1度目の検査で糖尿病型の結果が出たことに加え、過去1~2ヶ月の血糖値を反映する「HbA1c」が6.5%以上であった場合は、再検査をせずとも糖尿病とされます。

おわりに:OGTTを行って糖尿病の前段階で発見を

OGTTでは、糖尿病はもちろんのこと、糖尿病の前段階の状態も見つけられることが特徴です。糖尿病に移行する可能性が高いことがわかれば、悪化して糖尿病になる前に食事療法や運動療法、薬物療法などの対策も講じられます。糖尿病のリスクが考えられる場合は早めの検査を心がけてください。

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(266) インスリン(60) 糖尿病予備軍(8) 空腹時血糖値(7) 経口糖負荷試験(3) 境界型糖尿病(1)