嗅覚障害の治療方法は原因によって違うの?

2018/2/20

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

においが感じられなくなったり、色々なにおいを嗅ぎ分けられなくなったりすることを嗅覚障害といいます。こちらの記事では、原因によって異なる、嗅覚障害の治療方法などを解説します。

嗅覚障害はどんな病気?

嗅覚障害とは、においがわかりづらくなる嗅覚低下、まったくにおいが感じられなくなる嗅覚消失、少しの悪臭にも耐えられない嗅覚過敏、よいにおいであっても悪臭と感じてしまう嗅覚錯誤といった症状が現れる病気です。

嗅覚障害は、その原因や病態によって3つに分けられます。

・呼吸性嗅覚障害
嗅上皮や嗅神経といった鼻腔のにおいセンサーに、においの分子が届かないことで起こります。鼻中隔湾曲などの鼻腔形態異常や、風邪や慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎などの疾患が原因です。

・末梢神経性嗅覚障害
嗅上皮の萎縮や炎症、嗅神経の軸索(嗅糸)損傷のために起こります。嗅糸損傷の原因の多くは頭を強打することです。

・中枢神経性嗅覚障害
中枢嗅覚伝導路の障害が引き起こすものです。原因には、頭部外傷による脳挫傷、脳腫瘍、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患、加齢などが考えられます。

嗅覚障害の治療法は原因によって違うの?

味覚障害の原因は、鼻に関する何らかの疾患である場合と、においセンサーに障害が生じている場合の2つに大きく分けられ、治療においてはその原因に合わせた方法がとられます。

・鼻に関する何らかの疾患が原因
主にステロイド点鼻薬による治療が行われます。嗅覚障害でステロイド点鼻薬を使うときは、嗅粘膜まで薬剤を届かせるために枕を使わず横向きに寝た状態で使う方がよいといわれています。このほか、アレルギー性鼻炎に対しては抗ヒスタミン薬が処方されたり、慢性副鼻腔炎の改善のために内視鏡下鼻副鼻腔手術が行われたりと、疾患自体の治療が行われることがあります。

・においセンサーに障害が生じていることが原因
においを感知する部分に障害が起こっている場合は残念ながら難治性とされており、治療には時間を要します。中枢性嗅覚障害であれば、原因の疾患を治療することが嗅覚障害の治療にもつながると考えられています。

漢方薬を併用することも!

嗅覚障害の原因が、鼻に関する疾患ではなく、においを感知する部位に起こっている障害である場合には、漢方薬が併用されることがあります。漢方薬を用いた治療は、ステロイド点鼻薬を使ってもあまり効果が認められない場合などにも試みられます。嗅覚障害に用いられるのは、主に以下のような漢方薬です。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
ステロイド点鼻療法で効果が見られなかった患者に投与したところ、改善が見られた患者がいたという報告があります。

・人参養栄湯(にんじんようえいとう)
当帰芍薬散同様、ステロイド点鼻薬で効果が見られない場合に用いられ、改善されたケースがあります。

このほか、加味帰脾湯(かみきひとう)や柴苓湯(さいれいとう)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)加味八脈散(かみはちみゃくさん)などが用いられます。

おわりに:嗅覚障害では原因に合わせた治療が行われる

嗅覚障害の原因には、鼻に関する疾患だけでなく、鼻腔のにおいを識別する組織の損傷なども考えられ、それぞれの原因を考慮した治療法が試みられます。特ににおいを識別する組織が傷ついた場合にはステロイド点鼻薬が効かないことがあり、その場合は漢方薬が用いられることもあるでしょう。症状の経過をみながら医師と相談し、自分にあった治療方法を選ぶようにしましょう。

厚生労働省 の情報をもとに編集して作成 】

関連記事

この記事に含まれるキーワード

漢方薬(74) ステロイド点鼻薬(6) 嗅覚障害(3) 嗅覚錯誤(2) 呼吸性嗅覚障害(2) 末梢神経性嗅覚障害(2) 中枢神経性嗅覚障害(2) 嗅覚低下(1)