ガマ腫を治療するには手術しか方法がないの?

2018/1/31

記事監修医師

日本赤十字社医療センター、歯科・口腔外科

川俣 綾 先生

ガマ腫とは、舌下腺(舌の下部にある唾液腺)にできる嚢胞のことです。治療の基本は手術になりますが、手術以外の治療法はないのでしょうか。この記事では、ガマ腫の治療方法について解説していきます。

ガマ腫について

ガマ腫とは、口の中の唾液(つば)をつくる唾液腺のひとつである舌下腺(舌の下にあります)をおおう粘膜部分が、膨らむような形でできる粘液嚢胞(のう胞)のことをいいます。
粘液嚢胞は、下唇や口内の底のほう、頬の粘膜にも生じますが、舌の下の唾液腺(舌下腺)にできた粘液嚢胞を、特に「ガマ腫」と呼んでいます。

ガマ腫が数センチのほどの大きさになると、舌が持ち上げられるような違和感を覚えるようになります。ガマ腫の粘液嚢胞が破れると、中からどろりとした液体(唾液の水分が抜けた状態のもの)が出てきて、膨らみはなくなり、腫れは治まります。しかし、ほとんどの場合、しばらくするとガマ腫が再発します。

ガマ腫の原因は、歯磨きなどの際に、誤って舌下腺が傷つけられて塞がれ、唾液が出なくなってしまい、粘膜の下に溜まってしまったためと考えられています。
ガマ腫は、男性よりも女性にできやすいとされ、年齢層としては、子供から30代までの若い世代に多いです。

ガマ腫を治療するには手術をするしかないの?

ガマ腫は通常、手術によって治療を行います。「開窓療法」「開窓術」とも呼ばれるもので、できた粘液嚢胞を切り破って、粘液を外に取り出し、嚢胞の膨らみを取り除くことで回復を目指します。
しかし、手術で切開したとしても、ガマ腫は再発してしまうことがあるので経過観察が必要です。

再発を頻繁に繰り返し、開窓療法では完治しないようなら、舌下腺を摘出し、ガマ腫ができる元を断つ手術を行うことになります。たとえ舌下腺を摘出しても、他に、耳下腺や顎下腺といった唾液を出せる器官は口内にあるので問題ないとされています。

手術をしないで治療する場合は、ピシバニール(OK-432)という製剤をガマ腫の膨らみの中に注入する方法があります。ピシバニールは注入により発熱などの症状が起こったり、一時的にガマ腫の腫れがさらに大きくなったりする場合があります。ピシバニールによるガマ腫治療では、ほとんど再発もなく、成功率は約9割だといわれます。

ガマ腫の手術にはどんなリスクがあるの?

ガマ腫の手術(開窓療法)は、前述の通り、再発してしまうリスクがあります。

また、ピシバニールを注入する方法では、ピシバニールにペニシリンが含まれている関係で、ペニシリンアレルギーの保持者に対しては採用できません。また、しばらくはさらに粘液嚢胞の腫れが大きくなることから、舌が上方へ持ち上げられてしまい、呼吸困難に陥るリスクもあります。

おわりに:手術、薬、それぞれにメリットとリスクがある。医師と相談しながら納得のいく選択を

ガマ腫は、そこまで深刻な症状ではありませんし、膨らむたびに、何か尖ったものを使って自分でつついて破裂させ、やり過ごしている人もいるようです。しかし、自分で破ると再発しやすいですし、つついた先から細菌感染をするおそれもあります。口腔外科を受診し、治療法を相談してみてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ペニシリン(8) 口腔外科(4) 開窓療法(2) ガマ腫(2) 粘液嚢胞(1) ピシバニール(2)