コーヒーは尿路結石のリスクを高める!?予防する方法はあるの?

2018/1/23 記事改定日: 2018/11/26
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

尿路結石とは、尿の通り道にできる結石によって激しい痛みなどの症状が現れる病気です。
こちらの記事では、なぜコーヒーや紅茶を飲むと尿路結石のリスクが上がるのがについて詳しく説明していきます。また、コーヒーを飲んでいる人が尿路結石を予防するにはどうすればいいかについても紹介していきます。

コーヒーの飲み過ぎが尿路結石のリスクを高めるのはなぜ?

結石には、シュウ酸カルシウム結石、リン酸カルシウム結石、リン酸マグネシウムアンモニウム結石、尿酸結石などいくつか種類があり、尿路結石うちの8割を占めるのがシュウ酸カルシウム結石とリン酸カルシウム結石です。

特にシュウ酸にはカルシウムと結合しやすい性質があります。本来シュウ酸は、腸の中でカルシウムと結びつけば便とともに排泄されるものです。しかし、動物性タンパク質やアルコール類などの過剰摂取により、体内でシュウ酸や尿酸などが増加すると、腸でカルシウムと結合できなかったシュウ酸が尿の中に出てくるようになります。尿の中でシュウ酸がカルシウムと結合すると、結石となって尿路を詰まらせてしまったり傷つけてしまったりするのです。

コーヒーや紅茶にはシュウ酸が含まれています。コーヒーを飲み過ぎることはシュウ酸の過剰摂取につながるため、尿路結石のリスクを高めると考えられるのです。

コーヒーを飲んでいる人が尿路結石を予防するにはどうすればいい?

結石のほとんどはカルシウムを含み、カルシウムの過剰摂取は尿中のカルシウム排泄量を増加させることから、以前はカルシウムの摂取が尿路結石の原因のひとつとされ、カルシウム摂取は制限すべきとされていました。

しかし、近年カルシウムを多く摂取することが結石形成の抑制につながるという研究がアメリカで報告され、現在ではカルシウムを積極的に摂ることが推奨されています。
これは、十分な量のカルシウムがあれば、シュウ酸が腸でカルシウムと結合できるため、尿中に排出されにくくなるためです。

コーヒーや紅茶を飲む人が尿路結石を予防するには、牛乳を入れて飲むようにしましょう。牛乳に含まれるカルシウムがシュウ酸と結合して尿での排出されにくくなり、結石予防につながります。

尿路結石は本当に痛い・・・ほかに予防対策はある?

尿路結石の代表的な症状として挙げられるのは、大人でも耐えられずに転げまわるといわれるほどの激しい痛み(疝痛発作)です。

わき腹や腰、背中、下腹部などに激痛が走り、3~4時間継続します。痛みは夜間から早朝に起こることが多く、数分おきに痛みが強くなったり少し弱くなったりといった強弱の波があることも特徴です。結石ができる部位によっては、血尿や頻尿、残尿感といった症状が見られることもあります。
結石ができる場所によっては痛みがでないこともありますが、痛みが出たときはとても苦しむことになります。そのためにも、コーヒーにミルクを入れるだけでなく、日頃から尿路結石の予防に励むことが大切なのです。

尿路結石の予防方法

コーヒーや紅茶を日常的に多く飲んでいる人にとって、尿路結石を予防するためにコーヒーや紅茶を控えるのは難しいこともあるでしょう。

尿路結石の予防方法は、コーヒーや紅茶を控える以外にも、以下のように様々なものがありますので是非試してみましょう。

  • 水分を多く摂り、脱水を予防する
  • 塩分控えめな食事を心がける
  • 肉類を多く摂りすぎない
  • シュウ酸を生成するビタミンCを摂りすぎない
  • 就寝中に生成される尿は濃くなるため、就寝2~3時間前に食事を摂るようにする
  • ほうれん草などシュウ酸を多く含む食品を摂りすぎない

おわりに:コーヒーを飲む人は、牛乳で尿路結石のリスクを下げよう

激しい痛みや血尿を伴う尿路結石の予防・再発防止のためには、十分な量のカルシウムの摂取が勧すすめられています。
併せて、シュウ酸多く含む食品の過剰摂取を避けたり、コーヒーなどシュウ酸を含む飲料を飲む際にはカルシウムを含むミルクを入れるなどの工夫をしたりするようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

カルシウム(34) コーヒー(28) 尿管結石(15) 尿路結石(29) 結石(9) シュウ酸(8) 腎結石(15) 尿道結石(3) 膀胱結石(7) シュウ酸カルシウム(4)