女性ホルモンのバランスを整える効果が期待される食べ物とは?

2018/1/25

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

女性ホルモンは、女性らしい体を維持するために必要なホルモンです。この記事では、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できる食べ物を紹介していきます。すぐに始められることばかりなので、参考にしてください。

女性ホルモンについて

女性ホルモンは、女性や母としての力を引き出すための役割を果たしています。主に2種類の女性ホルモンが体内で分泌されます。それは「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。エストロゲンは、肌のハリツヤ等女性の美しさに影響を与えます。通常思春期から増えはじめ20代でピークを迎え、30代後半以降減少していきます。

「プロゲステロン」は、母体の機能を整える作用があります。主には、子宮内膜を受精卵の着床や妊娠がしやすい環境にしてくれます。その他、体内の水分量調整、基礎体温の上昇、食欲増進、乳腺の発育などの作用があります。
「エストロゲンの分泌量は多ければ多いほど良い」と考えている人もいるかもしれませんが、実はそうとも限りません。エストロゲンの過剰な分泌は、乳腺や子宮にも強い作用をもたらします。その結果、乳癌や子宮筋腫、子宮内膜症、子宮体癌、卵巣癌などのリスクが高まってしまうといわれているのです。

女性ホルモンの分泌を整える働きが期待できる食べものとは?

女性ホルモンの分泌を整えるためには、健康な心と身体が大切になります。そして良い食習慣は、身体の健康を保つ上で欠かせません。これは、何も特定の食べ物を食べ続ければよいわけではなく、バランスのよい食生活こそが大切なことを意味します。ポイントは、「どう食べるか」「何を食べるか」です。「どう食べるか」では、良く噛んで腹八分目を心がけ、適正な体重維持を目指しましょう。「何を食べるか」では、8つの食品群をバランスよく食べましょう。

1.肉・魚・乳製品・卵・・・女性ホルモンをつくるため必要なコレステロールを摂ることができます。植物性と動物性たんぱく質をバランスよく摂りましょう。
2.大豆食品・・・大豆食品に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと同じ働きが期待されています。
3.青魚・・・DHAやEPAなど、生理機能をサポートする成分が豊富に含まれます。
4.野菜・・・ビタミン類を豊富に含んでいます。
5.海藻類・・・カロリーが低く、ミネラルが豊富です。
6.きのこ類・・・食物繊維やビタミン、ミネラルがバランスよく含まれます。
7.いも類・・・糖質の他、ビタミンやカリウム、食物繊維が含まれています。
8.ゴマ・ナッツ類・・・ビタミンB群やビタミンEが含まれています。

女性ホルモンの分泌を乱す可能性のある食べ物とは?

一方で、女性ホルモンの分泌を乱れはちょっとしたストレスや食生活の乱れから生じることもあるます。

たとえば、インスタント食品は、食品添加物や塩分の摂りすぎからミネラルバランスの崩れにつながる可能性があります。便利でおいしいからといって、摂りすぎると栄養バランスの乱れからホルモンバランスの乱れにつながる可能性があります。また身体を冷やす食べ物は、自律神経のバランスを崩し、こちらもホルモンバランスの乱れにつながる可能性があります。夏場であっても冷たい食べ物の食べすぎは避けましょう。

食べ物だけではなく睡眠も大事なポイント

睡眠の質は、女性ホルモンの分泌に影響します。女性ホルモンは卵巣から分泌されます。卵巣の機能を活発化させるのは、脳の視床下部や下垂体と呼ばれる部位です。この部位でホルモンの分泌量が決まり、体内で指令を出します。睡眠の質は、脳の視床下部の機能に影響を与え、女性ホルモンの適切な分泌は体調の安定や快適な睡眠をもたらします。睡眠の質が良くなれば、視床下部や卵巣の働きも活発化して女性ホルモンの分泌につながり、好循環が生まれます。

おわりに:女性らしく輝くために生活習慣から整えよう

女性の身体機能を高めてくれる女性ホルモンは、普段の生活習慣に影響されます。女性として、母として人生を謳歌するために、食事や睡眠など普段の生活習慣から整えましょう。

厚生労働省 の情報をもとに編集して作成 】

この記事に含まれるキーワード

エストロゲン(27) 女性ホルモン(30) プロゲステロン(11) ミネラル(11) ビタミンE(15) コレステロール(30) EPA(13) DHA(11) カリウム(23) イソフラボン(5) ビタミンB群(13)