のどの異常な渇きは病気のサインかもしれない?!

2018/4/27 記事改定日: 2019/3/7
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

激しいスポーツをしたわけでもないのに、日常的にのどが異常に渇く場合、もしかしたら特定の病気にかかっているかもしれません。のどの渇きを引き起こす原因や疾患について、ご紹介していきます。

のどが乾くメカニズムとは?

成人の身体の60〜70%は水分からできています。このうち約2%水が失われると口渇中枢が刺激され、水を飲みたい欲求に駆られるようになります。

のどの渇きがさらに進行して3%以上の水を失うと、脱水症状が始まります。この段階では相当のどの渇きを感じるので、通常であれば水分補給を行う人がほとんどですが、高齢者の場合は口渇中枢の機能が衰えて入るために、のどの渇きを自覚することが少なく、脱水症状が深刻化することも珍しくありません。

異常にのどが渇く原因として考えられること

水分不足以外に、異常にのどが渇く原因としては以下のことが考えられます。

ストレス、緊張
ストレスや緊張にさらされると、唾液腺の活動が抑制され唾液の分泌量が減少し、口の中がからからになる場合があります。
加齢
加齢により自律神経の働きが弱まると、唾液分泌量の減少を招き、のどが渇くようになる場合があります。
生理
女性は生理(医学的には月経というのが一般的です)になると、多くの水分を必要とします。これは、子宮の強化や乳腺を発達させるために、多くの水分を要求することに起因します。
薬の副作用によって、唾液量が減少する場合があります。また市販の感冒薬のなかには、のどが渇きやすくなるものもあります。

のどの乾きを引き起こす病気にはどんなものがある?

のどの渇きを引き起こす病気には以下のようなものが挙げられます。

糖尿病
血糖値が高い状態が続く病気で、発症初期には自覚症状がほとんどありませんが、尿量が増えることで体内の水分量が減少し、のどの渇きを自覚することがあります。
シェーグレン症候群
自己免疫疾患の一種で、唾液腺や涙腺に炎症が引き起こされることで、唾液や涙の分泌量が低下する病気です。唾液の分泌量が低下するため、のどや口の乾きを自覚するようになります。
更年期障害
唾液の分泌は自律神経によって司られています。更年期障害によって自律神経のバランスが乱れると唾液分泌が減少し、結果としてのどの渇きが引き起こされることがあります。
脱水症
水分摂取量の不足、多量の発汗、高熱などによって体内の水分量が減少する病気です。発症初期にのどや口の乾きを自覚するのが特徴です。

このように「のどの渇きを自覚する病気」は多々あります。
その中でも、水分を飲んでものどの渇きが治まらない場合、めまいや吐き気などの全身症状がある場合は重篤な病気の場合がありますのでなるべく早めに病院を受診するようにしましょう。

おわりに:ストレスや服用薬などもないのに異様にのどが渇くなら、病気のサインかも?

水分が不足していなくても、ストレスや服用薬、生理といった身近な原因でのどの渇きが引き起こされる場合があります。
ただ、これらの原因がご自身に該当しない場合は糖尿病などの病気を疑った方がいいかもしれません。気になる方は医療機関を受診しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ストレス(364) 薬(189) 糖尿病(271) 生理(56) 加齢(28) シェーグレン症候群(11) 喉の渇き(3)