夏バテの原因は水分不足?どうやって水分補給をすればいいの?

2018/4/2 記事改定日: 2019/5/24
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

暑い時期になると、なんとなく体がだるかったり、食欲が衰えたりといった「夏バテ」の症状に悩まされることがあります。今回の記事では、そんな夏バテを予防するための水分補給のコツについてお伝えします。

夏バテってどんな状態?

夏バテは、夏の高温多湿の環境に体が対応できないことで起こる体の不調のことです。
夏バテになると

  • だるい
  • 疲れがとれない
  • 食欲がない
  • 眠れない

などの症状が現れます。

室内と室外の気温差による自律神経の乱れや暑さによる睡眠不足、冷たいもののとりすぎによる胃腸の疲れなどが原因になりますが、適切な水分補給ができずに体の水分が足りなくなり、夏バテの症状が現れることもあります。

水分不足が夏バテの原因になるのはなぜ?

脱水症の初期症状や軽度の脱水には、倦怠感や食欲不振など夏バテのような症状が引き起こされることがあります。

また、夏バテの原因が水分不足であることも多々あり、夏バテを予防するには室温の管理だけでなくこまめな水分補給を心がけて水分不足を防ぐことが大切です。

正しい水分補給のやり方って?

夏の時期は汗をかくことで脱水になりやすくなります。
このため、水分補給と言っても水やお茶などではなく発汗によって失われやすい電解質が含まれた経口補水液などを摂取すしましょう。

一日に必要な水分補給量は体格によっても異なりますが、1.5~2リットルほどが目安です。また、多量の汗をかいた後にまとめて引用するのではなく、汗をかいていない状態でもこまめに水分を摂るようにしてください。

おわりに:夏場は汗をかいていなくても水分が必要。こまめな水分補給を!

夏は発汗量が多く、ちょっとした運動でも思った以上に水分が出ていってしまいます。こまめな水分補給で、未然に夏バテを防止しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

水分補給(41) 夏バテ(11) 食欲不振(27) だるさ(5) 疲労感(18) ハイポトニック飲料(2) アイソトニック飲料(2)