ダイエット中にマッサージを取り入れると、どんな効果があるの?

2018/5/8

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

ダイエットといえば食事制限と運動が基本ですが、マッサージを賢く取り入れることで効率よく痩せられる可能性があります。マッサージから得られる具体的な効果や、おすすめのマッサージの方法について解説します。

マッサージをするとどんな効果があるの?

ダイエット中に取り入れると効果的と言われるマッサージですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

マッサージは、基本的に体のリンパの流れに沿って行うものです。なので、マッサージを行うとリンパの流れがスムーズになり、むくみが解消されるという効果があります。むくみが解消されると、手足や顔のラインがスッキリ見えるようになります。

また、腹部のマッサージを行うと腸の動きが良くなって便秘解消にもつながります。体の老廃物が排出されやすい状態にすることで、やせやすい体を目指すことができるのです。

マッサージはいつ・どのくらいやるのが効果的?

マッサージをせっかく行っても、タイミングによっては効果が出にくくなってしまうので注意が必要です。せっかく行うなら、効果が現れやすいタイミングで行うようにしましょう。

マッサージの効果が出やすいのは、入浴後と日中(昼)です。入浴後は体が温まっており、このタイミングでマッサージを行うことで、さらに血行やリンパの流れを良くすることができます。また、昼間は1日の中でも気温が高く体を動かしやすい時間帯なので、より効果的に行うことができます。

逆に、マッサージをするのに向かない時間帯は、食後1〜2時間の間や深夜です。食後は食べたものを消化するために胃腸に血液が集まっていますので、ここでマッサージを行うと消化不良を招く可能性があります。また、深夜は気温が低いだけでなく、体のリズムとしても眠りに入る時間帯なので、体を動かすのには適していません。

マッサージを行う時間の長さは、5〜15分くらいが適切だとされています。あまり長時間やると体の負担になってしまいますので、適度な時間で毎日続けるようにすると良いでしょう。

マッサージをするときに必要なものはある?

マッサージをするときには、特別な道具は必要ありません。ご自身の指や手のひらを使って行っていきますので、気軽に始めることができます。もし準備できるようであれば、ボディ用のクリームやオイルがあると便利です。肌の滑りが良くなり、マッサージを効率的に行えるようになります。

気になる部位別にマッサージ法をご紹介!

では、気になる部位ごとに簡単にできるマッサージ方法をご紹介していきましょう。

太もものマッサージ

①オイルやクリームがあれば太もも全体につける
②手を握った状態で、膝から足の付け根までリズムよくトントンと叩くようにマッサージをする

二の腕のマッサージ

①肩の高さまで腕を上げて、直角に肘を曲げる
②反対の手で二の腕をつかみ、肘から脇の下に向けて流すようにマッサージする
③両手を使って交互につかんで下から上へ持ち上げるのを繰り返す
③反対側も同様に行う

お尻のマッサージ

①足を交差して立つ
②右側のお尻の肉をつかみ、太ももとお尻の境から上に持ち上げるようにする
③反対側も同様に行う

いずれのマッサージもリンパの流れを意識しながら行うと、より効果的になります。お昼休憩中や寝る前など、空いた時間に行うのもオススメです。ぜひ、やりやすいものや気になる部位から試してみてください。

おわりに:ダイエットをするならマッサージを効果的に取り入れよう

マッサージだけで痩せるわけではありませんが、ダイエット中に行うことで良い効果が期待できます。方法や行う時間帯、長さなど、体の負担にならないように気をつけながら、ダイエットとの一環として取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事に含まれるキーワード

マッサージ(36) ダイエット(240) むくみ(69) お尻(5) 太もも(8) 時間帯(3) 便秘解消(9) 入浴後(2) 二の腕(1)