糖尿病でコーヒーを飲んでも大丈夫?予防に効果もあるって本当?

2018/4/19

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

近年とある研究によって、「コーヒーには2型糖尿病の予防効果がある」という説が注目を集めています。果たして本当に効果はあるのでしょうか?また、糖尿病でもコーヒーを飲んで大丈夫でしょうか?

コーヒーが2型糖尿病の予防に効果があるって本当?

嗜好品として愛飲している人も多いコーヒーですが、近年、2型糖尿病の予防効果があるのではないかといわれるようになりました。

その可能性が初めて示唆されたのは、2002年のことといわれています。オランダで行われた大規模な研究で、1日7杯以上コーヒーを飲む人は、2杯未満の人に比べて、糖尿病を発症するリスクが半分以下になったと報告されました。その後、日本をはじめ各国でコーヒーと糖尿病に関する研究が行われており、そのほとんどでコーヒーの摂取で糖尿病予防の効果があるとの結果が出ています。

日本で16週に及ぶ研究を行った結果によると、コーヒーを1日に3〜4杯飲むことがおすすめとされています。ただし、まだ詳細なメカニズムはわかっていません。予防にもっとも効果があるのは食事と運動なので、補助程度に考えておいた方が良いでしょう。

糖尿病や高血圧に効果があるのはコーヒーだけじゃない!?

コーヒーが健康に良いといわれている理由のひとつに、ポリフェノールがあります。このポリフェノールが含まれている食材はほかにもあり、代表的なものがココアやチョコレート、お茶です。

ココアやチョコレートを適度に摂取していると、血圧を下げる効果や血管の機能を良くする効果などがあると考えられていて、チョコレートを食べる人は、循環器病による死亡率が低いともいわれています。

お茶については、血圧の変化はないようですが、糖尿病になりにくいことや動脈硬化などの予防効果があると考えられています。一部では、循環器病による死亡率も低いと言われているようです。

コーヒーについては、循環器病との関連はまだ明確になっていません。しかし、前述した通り、糖尿病の予防効果についてはある程度示唆されています。

間食や食べ過ぎ防止で飲むのもおすすめ

コーヒーに糖尿病の予防効果があることはわかりました。しかし、糖尿病をすでに発症している人は、摂取するべきではないのでしょうか?

缶コーヒーなどは糖分が多く、あまり摂取はすすめられません。飲むのであれば、砂糖を抜いて飲むことをおすすめします。間食の食べ過ぎ防止目的で、ゆっくりと適度な量を摂取するのも良いでしょう。

おわりに:糖尿病の方のコーヒー摂取は注意が必要

コーヒーは糖尿病予防に効果があると言われていますが、すでに発症した糖尿病を改善する効果があるわけではありません。糖尿病をお持ちの方は、摂取する際には砂糖の有無などに注意して適度に飲むようにしましょう。また、予防効果に関するメカニズムもはっきりとしていないので、コーヒーだけで予防しようとするのは危険です。運動や食事にも気を配る必要があることを念頭に置いた上で、取り入れることをおすすめします。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

高血圧(132) 2型糖尿病(32) コーヒー(28) 予防効果(1) 缶コーヒー(1)