子宮内膜症の治療 ~病院でおこなわれる治療法まとめ~

2018/6/11

前田 裕斗 先生

記事監修医師

前田 裕斗 先生

子宮内膜症を治療する場合、手術するしかないのかな・・・と思ったことはありませんか。実は、手術以外にも治療方法はあります。この記事では、子宮内膜症の治療法として、手術以外にどんな方法があるかをご紹介します。

病院での子宮内膜症治療は3種類に分かれる

子宮内膜症の治療方法として、対症療法、ホルモン療法、手術療法の3種類があります。どの治療方法を選択するかは、症状や年齢、妊娠を検討しているかどうかによって総合的に判断されます。医師とよく相談して、自分にとって最適な方法を選択することが大切です。

子宮内膜症の薬物療法について

子宮内膜症の薬物療法として、対症療法とホルモン療法があります。

対症療法では、鎮痛剤で痛みを抑えながら、定期的に通院して経過観察をします。ごく初期の子宮内膜症の場合や、症状が軽い場合に選択される方法です。

子宮内膜症の症状が重い場合はホルモン療法という選択肢も

子宮内膜症の症状が重い場合、ホルモン療法を選択することがあります。ホルモン療法では、ホルモン剤を使って人工的に月経を止めたり、人工の黄体ホルモン製剤で病巣を落ち着かせることで進行を抑えたり、症状を改善することができます。

偽閉経療法

卵巣から分泌される女性ホルモン量を低下させて、一時的に閉経状態を作る治療法です。治療では、「GnRHアゴニスト」というホルモン剤を使うことが一般的です。この治療では、更年期障害と似た症状や、骨量の低下などの副作用があるため、4~6カ月間以上の連用はできません。

ピル、黄体ホルモン製剤

ピル(経口避妊薬)を服用して排卵を抑え、子宮内膜様組織を小さくして症状を軽くします。

また、人工の黄体ホルモン製剤を内服することで子宮内膜様組織を小さくする方法もあります。

子宮内膜症治療で手術が必要になることもある?

ホルモン療法を続けても症状が改善しない場合、手術療法を行うことがあります。手術方法は年齢や症状によって異なります。未婚の方や、将来妊娠を検討している方の場合、病巣の切除や、卵巣・卵管の癒着剥離を腹腔鏡手術で行うことが一般的です。

腹腔鏡手術とは、全身麻酔で受ける手術です。おへそ付近に小さな穴を開け、その中に腹腔鏡を入れてモニターで確認します。このとき、癒着している部分をはがしたり、病巣を取り除いたりすることもあります。傷口が小さく、手術後の回復も早いのが特徴です。

おわりに:子宮内膜症の治療法には対症療法やホルモン療法がある

子宮内膜症の治療法として、手術のほかに対症療法やホルモン療法があります。対症療法では、鎮痛剤を服用しながら定期的に通院し、ホルモン療法では一時的に月経を止めたり、人工のホルモン製剤を使って症状の緩和を目指します。どのような治療法が選択されるかは、症状や年齢、妊娠を検討しているかどうかによって異なりますので、医師とよく相談して治療方針を決めましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

子宮内膜症(35) ホルモン療法(12) 腹腔鏡手術(10) 手術療法(16) 対症療法(4)