耳鳴りの薬には副作用がある? 薬の副作用で耳鳴りになることもある?

2018/5/2

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

慢性的な耳鳴りを処方薬で治療している方も多いですが、その耳鳴りの薬でどんな副作用が起こる可能性があるのでしょうか。また、逆に薬が原因で耳鳴りを発症することもあるのでしょうか。

耳鳴りの薬には副作用がある?

耳鳴りの治療薬のうち、いくつかは副作用を起こす可能性があります。

ステロイド薬

プレドニン®などのステロイド薬には、主に以下の副作用があります。

  • 感染症にかかりやすくなる:長期間内服した場合、免疫が過剰に抑制されてしまい、感染症にかかりやすくなることがあります
  • 高血糖:ステロイドは体内の糖の利用効率を低下させるため、高血糖を招くことがあります
  • 胃腸の潰瘍:ステロイドは胃粘膜を保護する物質を減らす効果があるため、胃や腸の潰瘍が起こりやすくなります

ニコチン酸アミド・パパベリン塩酸塩配合錠

ストミンA®配合錠は内耳の細胞の機能を改善し、血流をよくする効果がありますが、その反面、眠気や頭痛などの神経系の症状や、口の渇き、便秘といった副作用を引き起こすことがあります。

抗不安薬

メイラックス®やソラナックス®などの抗不安薬は、多くの場合副作用として眠気を伴います。

薬の副作用で耳鳴りになることも

下記の薬は内耳を障害し、耳鳴りを引き起こす可能性があります(特に腎臓病の人は、薬をきちんと排出できないため、薬の血中濃度が上がりすぎて耳鳴りが起こりやすい傾向にあります)。

  • 結核治療の抗菌薬(主にアミノグリコシド系。ストレプトマイシンやカナマイシン、フラジオマイシンなど)
  • 利尿薬(フロセミドやアゾセミドなどの成分が入ったループ利尿薬)
  • 解熱鎮痛薬(アスピリン系)
  • 抗うつ薬 など

おわりに:耳鳴りと薬には関連性が。薬を処方されたら、副作用について医師に確認を

耳鳴りは薬で軽減することも多い反面、薬の種類によっては眠気や頭痛、高血糖などの副作用をもたらすことがあります。また、特に結核の薬などがきっかけで耳鳴りが起こるようになるケースも少なくないため、薬を処方されたら副作用について十分医師に確認するようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

薬(189) 副作用(93) 耳鳴り(39) ステロイド(49) 抗不安薬(26) プレドニン(4) ストミンA®配合錠(1) ストレプトマイシン(1)