ヘルペスとニキビの違い ― 体にできたブツブツは区別できる?

2018/6/1 記事改定日: 2019/2/19
記事改定回数:1回

前田 裕斗 先生

記事監修医師

前田 裕斗 先生

唇の周りにできるニキビとヘルペスは見た目が似ているために見間違えてしまうこともありますが全くの別物です。
ここではヘルペスを見落として悪化させてしまわないように、見分け方のポイントや治療法を解説します。

ヘルペスとニキビの違いは?

ヘルペスとニキビは、まず見た目や症状が違います。詳しい違いは以下の通りです。

ニキビ

ヘルペスとよく間違われるニキビは「黄ニキビ」と呼ばれるタイプのものです。黄ニキビとは皮脂や汚れが溜まった毛穴にアクネ菌が繁殖して、炎症が進んだ状態です。赤く腫れた部分の真ん中に、白い芯のような膿が溜まることが多く、触るとかなりの痛みを伴います。

ヘルペス

ヘルペスの特徴は赤く腫れた後、数日ほどで小さな水ぶくれがたくさんできることです。かゆみやピリピリとした痛みがあり、最後はかさぶたになって治ります。基本的には1~2週間ほどで完治することが多いです。

初めて口唇ヘルペスに感染した場合は、重症化することが多く、水ぶくれが腫れ上がったり、熱が出ることもあります。

ヘルペスとニキビの治し方の違い

唇付近のニキビの治し方

暴飲暴食を避け、口唇部の刺激をなるべく減らすようにして、栄養バランスの良い規則正しい食生活を心がけましょう。
また、口紅やグロスなどのリップメイクやメイク落としの刺激を避け、唇付近の肌への負担を減らすことも大切です。

どうしてもメイクが必要な場合は、肌にやさしい、落としやすいメイク用品や、ニキビケア用スキンケアを使用するようにしましょう。

ヘルペスの治し方

皮膚科に行き、抗ヘルペスウイルス薬や抗生物質など症状に合った薬を処方してもらいましょう。これらの薬は、塗り薬や飲み薬の形態で処方されることが一般的です。

なお、ヘルペスの場合は、放置しておいても自らの免疫力が回復するにつれ、症状はおさまりますが、薬を使用したほうが早く治ります。特に、初めての感染の場合は重症化することが多いので、早めに皮膚科を受診し、適切な治療をしてもらいましょう。

陰部にできるブツブツの違い

性器ヘルペス

性器ヘルペスは女性の場合、外陰や腟の入り口にできることが多く、症状が悪化すると子宮頸部にまで広がることもあります。男性の場合は、亀頭(ペニスの先端)、包皮、陰茎体部、肛門・お尻・太ももなどにでき、ヒリヒリするような灼熱感や痛み、ムズムズ感を感じます。赤く腫れた後、水ぶくれができる際に、激しい痛みを伴うこと多く、女性は排尿時に痛みが出ます。疲労やストレス、紫外線、性交渉などが原因となり発症します。

性器ヘルペスは放置しても治りますが、人への感染のリスクを高めたり、症状が悪化する恐れもあるので危険です。特に女性の場合は、分娩時に腟や外陰に存在するウイルスに接触することで胎児に感染する可能性があります。初発の場合分娩の1ヶ月以内、再発の場合は1週間以内に活動性の感染がある場合、垂直感染予防のために帝王切開が望ましいとされます。また、妊娠中の感染による流早産や、胎児への先天性感染の可能性も指摘されています。自然治癒の場合、傷跡やシミが残ることもあるので、ヘルペスかなと思った時は、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

ニキビ

陰部は皮膚が薄く、刺激に弱い上に、汚れやすい部位なのでニキビができやすい場所になります。

毛嚢炎(毛包炎)

ニキビに似た症状として、毛嚢炎(毛包炎)があります。これは毛穴に黄色ブドウ球菌などが入って炎症を起こすもので、洗い残しやカミソリなどの刺激が原因となります。

初期段階では赤い発疹が現れ、炎症が進むと膿やしこりができたり、かゆみや痛みが出る場合があります。

口や性器の周りのブツブツは、他の病気の可能性も。

口や性器の周りにブツブツを作る病気はヘルペスやニキビだけではありません。

口の周りにブツブツを作る病気としては、特定の飲食物や食器の金属にかぶれることによって生じる「接触性皮膚炎」やウイルス感染症の「手足口病」などが挙げられます。
また、性器では尖圭コンジロームやトリコモナスなどの性感染症によってブツブツができることもあります。

ヘルペスが再発すると、市販の抗ヘルペス薬の塗り薬などを使用して様子を見る人も多いですが、これらの別の病気の場合には抗ヘルペス薬は効果がなく、適切な治療を行わないことで症状が悪化することも少なくありません。
明らかにヘルペスの再発と判断できるものを除いて、唇や性器に異常が見られた場合はなるべく早めに皮膚科や婦人科、泌尿器科などを受診するようにしましょう。

おわりに:どちらも自然治癒するが悪化を防ぐためにも皮膚科に相談しよう

唇の周りにできるニキビとヘルペスは、見た目は似ていますが全く異なる皮膚炎です。対処法を間違えると悪化してしまう恐れがあります。また、ブツブツは他の病気が原因でできている可能性もあるので、皮膚に異常があるときはまず皮膚科に相談しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

痛み(149) ニキビ(41) ヘルペス(31) 陰部(7) 抗生物質(72) 違い(36) 水ぶくれ(22) 抗ヘルペスウイルス薬(8) 毛嚢炎(2) 区別(1)