妊活にヨガは効果ある?どんなポーズがおすすめ?

2018/7/12 記事改定日: 2019/9/27
記事改定回数:2回

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

妊娠しやすい身体を作るためには、適度な運動をすることも大切で、身体を温めながらゆったり行う妊活ヨガがおすすめです。妊活ヨガの効果や、妊活に効果的なポーズ、ヨガを行う時の注意点などを解説します。

妊活のヨガのおすすめポーズを動画でチェックしてみよう!

◇ 橋のポーズ … 骨盤周辺のリラックス

足腰の筋肉を使いながら骨盤底筋を鍛えることで、骨盤内の血行を促進し、女性ホルモンの分泌を促進する効果が期待できます。

◇ 前屈のポーズ … 内蔵へ働きかける

前屈のポーズは全身の後面をしっかり伸ばすポーズで、内臓の調子を整え、消化機能を促進する効果があるとされています。
腰を伸ばすことで下半身の血の巡りを促進させ、不要となった子宮内膜を排出の手助けにも期待できるといわれているため、月経前にもおすすめです。

◇ 合蹠(がっせき)のポーズ  … 股関節の柔軟性アップ

合蹠のポーズは、骨盤を正常な位置に戻すことで子宮を正しい位置に導き、血行を促進して子宮の働きを活発にするとされています。
足の裏を合わせた状態で座ったときに、膝が床から離れすぎないようにしましょう。

◇ 鳩のポーズ … お尻や太ももの筋肉にもアプローチ

鳩のポーズは、下半身の血行を促進させることで冷えを緩和してくれるとされるポーズです。
ホルモンバランスを整える効果も期待できるので、自律神経を整え、生理不順のケアにもつながります。
鳩のポーズは無理をしないことが大切です。ここでは、初心者向けのものを紹介しています。

◇ 椅子のポーズ  … 骨盤内臓への刺激

椅子のポーズは骨盤周りの筋肉を動かして子宮を刺激する効果があるとされています。
腰が反らないように、尾骨を床の方へ下げるようにしましょう。また、肩に力が入らないよう力を抜くこともポイントです。

◇ 鋤(すき)のポーズ  … 血流改善と内蔵の活性化

鋤のポーズは骨盤周辺の血行を促進し、内臓の働きを活発化させることで妊娠力を高めると考えられています。
首に負担がかかるポーズなので、あらかじめストレッチをして体を温めた状態で行いましょう。

◇ 月のポーズ … お腹と骨盤周辺の筋肉を整える

月のポーズは、子宮の働きを活発にすることで、血行を促進するポーズとされています。
また、気持ちが穏やかになるポーズなので、ネガティブになりやすい月経前にもおすすめです。

妊活ヨガの注意点は?

ヨガを始める際には、動きやすい服装と場所、リラックスできる環境を整えてから行いましょう。
そして準備ができたら、必ず準備運動から始めていきましょう。

ヨガに準備運動は必要ないように思えるかもしるませんが、準備運動で少しずつ関節を動かしたり筋肉を伸ばしていくことで、股関節や首回り、足回り、腰回り、腕などの調子もチェックできます。

ヨガで効果が出ないこともある

妊活ヨガをすることで、骨盤周りの血行が改善するなどして妊娠しやすくなる可能性はありますが、不妊の原因が男性側にある場合や排卵機能に問題がある場合など、ヨガだけでは改善しないこともあります。

妊活をしてもなかなか妊娠しないと悩まれているようなら、まずは専門の医療機関に相談し、適切な不妊治療を始めることをおすすめします。
ヨガはあくまでも不妊治療の補助として取り入れるようにしましょう。

ヨガ以外の対策やセルフケアも!

妊娠しやすくするためには、ヨガ以外にも対策があります。

女性の生殖機能を高めるためには、まず血行を良くすることが大切です。冷たい飲食物を摂りすぎない、シャワー浴ではなく湯船につかる習慣をつける、血行を改善する栄養素を含む食事を摂るなど日常生活を改善することで妊娠しやすい身体を作ることができます。

また、睡眠習慣を整える、ストレスを溜めないなど精神的なゆとりを促すセルフケアも妊活によいとされていますのでぜひ実践してみましょう。

ヨガは妊活以外の目的にも使える?

ヨガとは本来心と体をほぐして全身のバランスを整えるために行うものです。
妊活ヨガは妊活のために応用しているヨガですが、妊娠しやすくなる以外にも以下のような効果が期待できます。

骨盤や腰の筋肉や内臓の不調の改善
ヨガで骨盤周辺の筋肉や臓器に働きかけて血行を良くすることで、腰痛や便秘などの不調が改善することがあります。
血行を良くして冷えを解消
ヨガは酸素を取り入れながら行う全身運動です。普段使っていない筋肉をしっかり伸ばすことで、全身の血行が良くなり冷え性の改善につながることがあります。
ホルモンバランスを整える
ヨガには精神を安定させたり、自律神経のバランスを整える働きがあり、女性ホルモンのバランスを整えることにも役立ちます。
特に生理不順や生理痛が酷い人は、ヨガでホルモンバランスを整えることで生理にまつわる不調も改善される可能性があります。
リラックス効果でストレスを和らげる
ヨガの呼吸法を身に付けて、深い呼吸が出来るようになるとストレスも和らぎ、心身のバランスを整えることができます。

おわりに:ヨガもセルフケアも、妊活は焦らず自分のペースで

妊活ヨガは心と体をほぐしてリラックスし、元気を取り戻すことで妊娠しやすくするために行うものです。
がんばりすぎてストレスを感じるようになってしまっては本末転倒になってしまいます。
負担のないメニューを少しずつ取り入れながら、焦らず続けていきましょう。もし、なかなか妊娠しないと悩んでいるようなら、一度専門医に相談してみてもいいと思いますよ。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

妊活(48) 不妊(93) ヨガ(15) 妊活ヨガ(1) 骨盤内臓(1) 血行改善(1)