こめかみの頭痛の原因と治し方

2018/5/17 記事改定日: 2019/2/27
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

こめかみ周辺に頭痛が起こるのは、何が原因でしょうか。また、こめかみの痛みを緩和するには、どんな対処法が有効なのでしょうか。以降で詳しくご紹介していきます。

こめかみの頭痛の原因は?

こめかみの頭痛の主な原因として、考えられるものには以下があります。

片頭痛

特に右のこめかみで脈打つような痛みを感じる場合は、片頭痛の可能性が高いです(こめかみの左側や両側が痛むこともあります)。片頭痛の場合は吐き気を伴うことが多く、1〜2時間ほど頭痛が続きます。また、体を動かしたり、光や音などの刺激によって悪化しやすいのが特徴です。ストレスや気圧の変化などで血管が拡張し、三叉神経が刺激されたことで引き起こされると考えられています。

片頭痛の場合、前兆としてチカチカとフラッシュのような光が見える(閃輝暗点)ことがあります。

緊張型頭痛

過度のストレスや首こりなどによって、首や肩周辺の筋肉の血流が低下したことで引き起こされるタイプの頭痛です。頭全体やこめかみに締め付けられるような痛みを感じるのが特徴です。

群発頭痛

こめかみの痛みだけでなく、目の奥がえぐられるような激痛がある場合は、群発頭痛の可能性が高いです。群発頭痛は珍しいタイプの頭痛で、気圧の変化や生活習慣の乱れがきっかけで発症すると考えられています。

眼精疲労

長時間のPC業務やスマートフォンの使用などで眼精疲労を起こすと、目の周辺の筋肉が緊張し、血流が悪くなることで脳が酸素不足に陥り、結果的にこめかみ周辺の頭痛が起きることがあります。

脳の病気

こめかみの激しい頭痛に加え、ろれつが回らない、手足のしびれ、麻痺が見られる場合は、脳梗塞や脳出血のサインの可能性があります。これらの症状は、脳血管が詰まったり、破裂して出血を起こしたときにみられるものなので、すぐに病院を受診してください。

病院へ行った方がいいのは、どんな状態のとき?

こめかみを中心に痛む頭痛は思わぬ病気が潜んでいる可能性も否定できません。以下のような症状がある場合は、軽く考えずに病院を受診して検査を受けるようにしましょう。

  • こめかみを中心にズキズキとした痛みが非常に強く、吐き気やめまいなどを伴う
  • 立っていられない様な痛みがあり、日常生活に支障を来たしている
  • 手足のしびれや力が入りにくくなった
  • 言葉が上手く話せなかったり、言葉が出てこなくなった
  • こめかみ部の皮膚が赤く腫れて熱感がある
  • 発熱や倦怠感などの全身症状が強い

こめかみの頭痛の治し方は?

脳などの病気や群発頭痛による頭痛は専門治療が必要ですが、それ以外の一般的なタイプの頭痛であれば、下記のセルフケアで軽減する可能性があります。

ツボ押し

頭痛の緩和に効果があるとされるツボをいくつかご紹介します。

合谷(ごうこく)
手の甲側の、人差し指と親指の骨が交わるところにあるツボ。頭痛や肩こり、歯痛、生理痛などさまざまな痛みに効くとされます。
風池(ふうち)
後頭部のくぼみと、耳の後方の骨の中間にあるツボ。頭痛や首こり、肩こり、鼻づまりなどを緩和します
天柱(てんちゅう)

首の骨の両側にある筋肉の、外側のくぼみに位置するツボ。眼精疲労や頭痛、顔のむくみなどを緩和します

百会(ひゃくえ)
頭頂部にあるツボで、鼻と両耳の延長線が交わる場所に位置します。肩こりや眼精疲労からくる頭痛に特に効果を発揮します
太陽(たいよう)
顔にあるツボで、目と眉の端の中間点から、指2本分外側にそれたところにあります。頭痛や眼精疲労の緩和に効果的です

冷やす

首こりや肩こりからくる頭痛の場合、頭の周辺を冷やすことで頭痛が緩和する場合があります。頭痛は頭部の血管の拡張が原因のことも多いため、冷やすことで血管を収縮させる方法が有効なのです。ただし、急激に冷やしたり、長時間冷やしすぎると血管にダメージを与えることがあるので、アイスパックをタオルでくるむなどして、軽く冷やすことを心がけましょう。

おわりに:緊張型頭痛や片頭痛は、セルフケアで改善することも

こめかみの頭痛の原因はさまざまですが、緊張型頭痛や片頭痛などの場合は、ご紹介した対処法で痛みが軽減するケースも多いです。頭痛でお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

頭痛(193) 眼精疲労(12) 原因(609) 対処法(192) 治し方(23) 片頭痛(52) 緊張型頭痛(30) ツボ(30) 冷やす(11) こめかみ(8)