頭痛と眠気が同時に起こる原因は? 吐き気を伴う場合は?

2018/5/15

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

頭痛と眠気が同時に起こる場合、原因としては何が考えられるのでしょうか。また、加えて吐き気を伴う場合はどうなのでしょうか。以降で詳しく解説していきます。

頭痛と眠気が同時に…原因は?

頭痛と眠気が同時に起きている場合、原因としては以下が考えられます。

寝不足・睡眠過多

眠気の原因としてまず考えられるのが、睡眠不足です。そして睡眠時間は短すぎても長すぎても、頭痛が起きる原因になります。詳しいメカニズムはわかっていませんが、睡眠の過不足がホルモン分泌に影響を与えるために、頭痛が発生するのではないかと考えられています。

片頭痛

あまり知られていませんが、片頭痛はストレスや睡眠不足などの原因にふれてから、「予兆期」「前兆期」「頭痛期」「回復期」を通じて「寛解期」へ至ります。このうち、予兆期(片頭痛が起きる2日〜数時間前)には、眠気やあくび、倦怠感などが生じることがあるのです。予兆期にはこのほかにも、肩こりや食欲増進、集中力の低下などさまざまな症状が現れることがあります。

生理で頭痛と眠気が起こる?

女性の場合、月経前症候群(PMS)によって頭痛や眠気が起こる場合があります。PMSは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる生理(医学的には月経というのが一般的です)の3〜10日前に起きる一連の症状で、頭痛や眠気のほかにイライラや胸の張り、手足のむくみなどが見られることもあります。

なお、生理中や生理後に「月経関連片頭痛」という頭痛が起きる女性もいます。

頭痛や眠気に吐き気を伴う場合は要注意!

何らかの原因で脳の血管が細くなったり、詰まったりして血流障害を起こし、脳が壊死してしまうことを脳梗塞といいます。この脳梗塞の前兆として、頭痛や急な眠気、生あくびなどが起こることがあります。以下で代表的な脳梗塞の前兆をご紹介します。

  • 頭痛
  • 急激な眠気
  • 生あくび
  • 手足のしびれ
  • ろれつが回らない
  • 手足の痙攣
  • 吐き気

脳梗塞の主要因は、高血圧や動脈硬化、不整脈であり、特に中高年以降の人の発症リスクが高いですが、若い人でも発症することがあるので注意が必要です。

おわりに:頭痛と急激な眠気は脳梗塞の前兆のケースも!

頭痛と眠気が同時に起きている場合は、寝不足や片頭痛、PMSなどが原因のことがほとんどですが、まれに脳梗塞の前兆のケースがあります。吐き気を伴う場合や、手足のしびれや痙攣など明らかな異変が見られた場合は、すぐに病院を受診しましょう。

この記事に含まれるキーワード

頭痛(194) 眠気(30) 睡眠不足(29) 生理(55) 吐き気(121) 月経前症候群(PMS)(6) 脳梗塞(92) 片頭痛(51) 前兆(17) 生あくび(3)