咳喘息ってどんな病気?喘息と何が違うの?

2018/5/28

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

咳喘息と呼ばれる病気がありますが、喘息とはどのような違いがあるのでしょうか?この記事では、咳喘息と喘息の違いや、対処法について解説していきます。

咳喘息の症状は?

風邪をひいていない(すでに治っている)のに、咳が数週間以上続く場合は、咳喘息の可能性があります。
咳喘息は、気道が炎症を起こして狭くなることで、慢性的な咳が出る、さまざまな刺激に過敏になるなどの発作が起こります。また、咳が一次的に治っても再発を繰り返すこともあります。

咳喘息の発作は、寒暖差・受動喫煙・運動・飲酒・ストレス・ほこり・ダニなどが原因で引き起こされ、年々患者数が増加しているといわれています。特にアレルギー体質の人の発症率が高く、これはアレルギー体質の人は気道の炎症が起こりやすいためだと考えられています。

これらの症状に心当たりがあるときは、呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科などの専門医に診てもらいましょう。

咳喘息と気管支喘息の違いは?

咳喘息になると、喘鳴(ぜいめい:ゼイゼイ、ヒューヒューと呼吸すること)のない空咳が1ヶ月~1年以上続きます。呼吸困難に陥るほどの咳が出ることはなく、発熱や痰などの他の症状はあまりありません。その他の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • 夜中から明け方に激しい咳が出ることが多い。
  • 寒暖差に影響を受けやすい。
  • 喫煙や副流煙によって咳が出る。
  • 喉がイガイガする感じがする。
  • 長話をした後、喉が枯れる・渇く。

症状が酷い場合は、上記の他に、胸痛・嘔吐・失神などの症状が起こることもあります。
咳喘息を放置しておくと、本格的な喘息に進行してしまうので、早期治療が必要になります。

咳喘息の対処法は?

咳喘息の症状は、風邪薬・抗生物質・咳止めを使用してもほとんど効果が得られません。咳喘息の治療には以下のような薬が使用されます。

  • 気管支拡張薬
    咳喘息の治療の際に、気管支を拡げて呼吸をしやすくするために使用されます。
  • 吸入ステロイド薬
    気管支拡張薬の使用後、咳が改善した場合は咳喘息と診断され、吸入ステロイド薬を用いた治療法に移行します。吸入ステロイド薬は、1/1000ミリグラム単位の使用でも、気道に対して強力な抗炎症作用を発揮します。また副作用も少ないため、長期間の服用に適した薬です。
  • 抗アレルギー薬
    アレルゲンが原因となり咳の症状が出ている場合、抗アレルギー薬が使用される場合があります。
  • その他
    吸入ステロイドと気管支拡張薬の配合薬が使用される場合があります。

薬を服用して一時的に症状が改善しても、再発する可能性が高いので、数ヶ月間は治療を続けて様子を見るのが一般的です。また、咳喘息は放置しておいても自然に治る場合がありますが、約3割は本格的な気管支喘息(喘息)に進行するといわれているので、早期治療を受ける必要があるでしょう。

おわりに:咳喘息の症状がある場合は呼吸器科の受診を

咳喘息は、慢性的な空咳が続きますが、咳以外の症状は特にないのが特徴です。また、喘息のように呼吸困難になるほどの重症にはなりにくいです。しかし、放置しておくと本格的な喘息に移行する確率が高いので早期治療が望まれます。また、咳喘息に市販の風邪薬や咳止めは効果がないので、必ず呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科などを受診しましょう。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

この記事に含まれるキーワード

喘息(71) 咳喘息(9) 気管支拡張薬(6) 気管支喘息(10) 抗アレルギー薬(9) 吸入ステロイド薬(7)