糖質制限のデメリット・メリットは?

2018/5/28

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

糖尿病患者やダイエット中の方にとっては身近な「糖質制限食」ですが、この糖質制限にはどのようなデメリット・メリットがあるのでしょうか?幅広くご紹介していきます。

糖質制限のデメリットは?

糖質制限のデメリットとしては、主に以下のことが挙げられます。

エネルギー不足

糖質は人間にとって重要なエネルギー源のため、糖質制限をするとエネルギー不足に陥り、眠気や頭痛、倦怠感、ふらつき、集中力の低下といったさまざまな症状に見舞われることがあります。

栄養の偏り

糖質はお米や麺などの主食だけでなく、芋類や根菜類などにも含まれています。このため糖質制限中は食べられる食材が限られ、その分栄養も偏りがちです。

肉などタンパク質の過剰摂取

糖質制限中は炭水化物の摂取量を減らす分、肉や魚などのタンパク質の摂取量が多くなりがちです。しかし、タンパク質を過剰摂取すると腎臓や肝臓に負担がかかり、それぞれの機能が低下する恐れがあります。

便秘になりやすい

糖質制限中は炭水化物の摂取量が減りますが、炭水化物は糖質と食物繊維からできています。食物繊維は便秘解消に欠かせないのですが、炭水化物を減らす分食物繊維の摂取量も減ることで、便が排出されにくくなります。

筋力低下

エネルギー源としての糖質が過剰に不足すると、体内ではその代わりに筋肉を分解します。これにより、筋力が低下する恐れがあります。

糖質制限のメリットは?

糖質制限のメリットとしては、主に以下のことが挙げられます。

ダイエット効果がすぐ得られやすい

一般的に糖質は食事の大半を占めるものなので、糖質を制限すると、その分摂取カロリーも減少します。これにより、短期で体重が減りやすい傾向にあります。

実行しやすい

糖質を制限していれば面倒なカロリー計算は必要ないので、手軽に実践しやすいというメリットがあります。

お酒を飲める

糖質制限中は、焼酎やウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒であれば、少しは飲んでも大丈夫です。ただし、大量の飲酒や、ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒、カクテルなどの甘いお酒はNGです。

寝起きが良くなる

糖質制限中はタンパク質の摂取量が多くなりますが、タンパク質は睡眠のリズムを整える「メラトニン」というホルモンのもととなります。つまり、タンパク質の摂取量が増えることでメラトニンが多く分泌され、寝起きがよくなりやすいといわれています。

冷え性が改善する

タンパク質は三大栄養素の中で最も食事誘発熱産出量が多いとされており、糖質制限中は高タンパクの食事を摂ることで、代謝が高まり、冷え性が改善しやすくなると考えられています。

おわりに:過度な糖質制限で健康が阻害されることも。バランスの良い減量計画を

ご紹介してきたように、糖質制限にはさまざまなメリット・デメリットがあります。適度に取り入れる分にはそこまで問題ありませんが、過度な糖質制限は健康を阻害する恐れがあるので、減量のためには食事制限だけに頼らず、運動量も増やすことが大切です。

この記事に含まれるキーワード

お酒(28) ダイエット(240) 糖質制限(19) 炭水化物(31) メリット(38) デメリット(26) タンパク質(19)