アレルギー性紫斑病になると腹痛の症状が出るの?治療法は?

2018/6/1

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

アレルギー性紫斑病とは、皮膚に紫色のあざができたり、腹痛が起こる病気です。このあざは紫斑と呼ばれ、体のどこにでもできますが、その他の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
この記事では、アレルギー性紫斑病の症状と合併症、治療法について説明しています。

アレルギー性紫斑病で腹痛の症状が出るの?

「アレルギー性紫斑病」は、「アナフィラクトイド紫斑病」「血管性紫斑病」「IgA血管炎」「ヘノッホ-シェーライン紫斑病」ともよばれる小児に多い病気です。アレルギー反応で血管に炎症が起こり出血しやすくなることで、皮膚に紫斑(しはん:内出血によるあざ)が体のどこにでも現れます。

多くは足やお尻などに少し盛り上がったような紫や赤色の斑点状の発疹があらわれますが、症状はそれだけでなく、約半数の人には紫斑が出る前から腹痛が起こるといわれ、幼児では激しい腹痛のため食事ができなくなる場合もあります。吐き気、嘔吐、下痢もよくみられ、血便や血尿が出ることもあります。

また、約3分の2の人は関節痛や関節炎を発症し、痛くて動けず腫れを伴って歩けなくなるほど重症化する場合があります。そのほか、足の関節辺りやふくらはぎが腫れることも多く、頭や顔、背中が腫れることもあります。

アレルギー性紫斑病は合併症も注意!

アレルギー性紫斑病では、さまざまな合併症にも注意が必要です。
約半数の人に腎炎が起こるとされ、発症後1年ほどして出現する場合もあるので定期的な尿検査が必要となります。腎炎は進行すると「急性糸球体腎炎」や「ネフローゼ症候群」など重症化する可能性があります。

また、「腸重積」という腸が折り畳まれて腸自体に入り込むという合併症を起こすことがあります。腹部を触ると痛み、腹痛の発作が20分程続き、発作と発作の間には怒りっぽくなったりぐったりし、嘔吐、血と粘液の混じった便が出るほか、発熱することもあります。腸への血流が阻害されて一部が壊疽(えそ)を起こして穴があき、細菌が入り込んで「腹膜炎」などの重い感染症を起こした場合は早急な対処が必要です。

また、眼にできると白目が真っ赤になる「結膜下出血」となり、アレルギーに伴うさまざまな眼疾患につながる場合もあります。

アレルギー性紫斑病はどうやって治療するの?

原因があきらかになっていないため特効薬はなく、ほとんど対症療法となります。多くの場合は数カ月で完治し後遺症もほとんど残りませんが、動いたり何かにぶつかると症状が悪化するので自宅療養では安静に過ごすことが重要です。

風邪などの先行感染がある場合は、その治療も行い、腹痛や関節痛には痛み止めや湿布剤で対応します。さらに痛みがひどい場合や腎炎の疑いがある場合には、ステロイドで炎症を抑えることもあります。
紫斑以外にひどい腹痛や下血などがあったり腎炎などの重い内臓疾患を併発していると、入院が必要となる場合もあります。

アレルギー性紫斑病は、同時に内臓疾患、特に腎炎を発症していないかが重症であるかの判断の分かれ目となり、治療方針もまず腎症の有無、次に消化器症状の有無で決められることが多いといわれています。

おわりに:腹痛のほかさまざまな症状があり重い合併症を起こすことも。早目に受診しましょう

アレルギー性紫斑病では、紫斑だけでなく腹痛やおう吐、下痢、場合によっては血便や血尿がでたり、関節痛や関節炎、患部の腫れなどを起こします。重い合併症を起こす危険もあることから、早目に医療機関に受診し、必要に応じた治療を受けて安静に努めましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ネフローゼ症候群(14) 結膜下出血(4) 腸重積(8) アレルギー性紫斑病(3) 急性糸球体腎炎(5) 腎炎(3) アレルギー性紫斑病合併症(1)