てんかんの人に向いている仕事と向いてない仕事とは?

2018/6/4 記事改定日: 2019/12/13
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

てんかんの人に向いている職業や、就けない職業にはどのようなものがあるのでしょうか?てんかんの人におすすめの職業や避けたほうがいい職業について解説していきます。

てんかんの人におすすめの仕事は?

IT関係(エンジニア・プログラマー)

IT関係の仕事は、1日中パソコンに向かって作業する仕事なので、車を運転しなければいけなくなる機会が比較的少ないです。また、経験を積んでスキルを高めれば、自宅での作業が認められる可能性もあります。

飲食店関係

飲食店は人手が足りていない所が多いので、未経験でも採用をとるお店も多くあります。
勤務時間が不規則な場合は、仕事の合間に抗てんかん薬の服用をするようにしましょう。

在宅関係(デザイナー・ライター)

デザイナーは、打ち合わせなどで外出することもありますが、実際の作業は自宅で行える場合が多いです。スケジュール管理を自分で調整できるのもメリットのひとつです。
WEBライターは、専業主婦からプロまで行える仕事があるので、お小遣い稼ぎから本格的な仕事まで要望に応じて仕事をする事ができます。

福祉・介護関係(ヘルパー・介護士)

病気に関わる仕事なので、てんかんへの理解がある職場環境も多いです。また、介護職は人手不足の場合が多いので、根気よく面接を受ける事で就職できる可能性が高くなります。

保育士

自動車免許がなくても就職できる場合もあるので、子供好きの人におすすめです。

内勤事務

営業職とは違い、事務職では車の運転が必要のないケースも多いでしょう。求人を見る際には、自動車免許の必要性を確認の上で応募するようにましょう。

医療職(医師・看護師・薬剤師)

資格を取得するまでは大変ですが、医療関係の仕事は病気への理解が深いため、働きやすい環境が整っていることがあります。また、薬剤師の仕事は働き方にもよりますが定時で帰宅できる場合が多いとされる職業です。

工場関係

工場関係の企業では、障害者枠の採用のある所が多く、持病のある人は負担の少ない作業から始められる場合が多いといわれています。このような環境が整っているのであれば、働きやすい環境だと言えるでしょう。

ネイリスト

ネイリストは、独立して自分のお店を持ったり、お客さんのいる所に出張して行う事もできるので、自分の働きやすい環境で働くことができます。

法律関係

弁護士・司法書士・行政書士・裁判所職員・国税専門官などの国家資格は、取得するまでは大変ですが、給料が安定している職業が多いです。

てんかんだと、就ける仕事が制限されるの?

てんかん患者が仕事を選ぶ際には、発作の有無が重要な問題となります。
基本的には、服薬による発作のコントロールができている場合は、選べる仕事の幅が広がります。

ただし、発作とうまく付き合えている場合でも、以下のような仕事は避けるようにしましょう。

車の運転をする仕事(タクシーやバス、トラックの運転手など)
2年間発作がない場合は、普通車の運転は許可されます。
タクシーの運転手を希望する場合は医師との相談した上で、職場へ告知する必要があります。
高所で作業する仕事(とび職、建設作業員、自衛隊員、消防士など)
高所で作業する仕事は仕事中に発作が起こると、転落する可能性があるので危険です。
夜勤や昼夜関係なくシフトのある仕事
生活習慣の乱れにより発作が起こりやすくなるので、なるべく避けましょう。

その他には、以下の職業は避けた方がいいでしょう。

  • 危険物を取り扱う仕事(銃、ハサミ、メスなど)
  • 列車、飛行機、船舶などの運転をする仕事

仕事を探すとき、支援は受けられる?

てんかんと診断されている方の中で、精神障害者福祉手帳を交付されている方はハローワークで障害者の方向けの就職先の紹介や職業相談などを受けられることがあります。症状の程度によって柔軟な選択肢を提示してもらうことができますのでぜひ利用しましょう。

また、お近くの地域障害者職業センターや障害者就業・生活支援センターなどを利用することもできます。利用方法やサービス内容などについてはお住いの自治体に問い合わせましょう。

おわりに:まずは発作のコントロールをすることが大切

てんかんの人が仕事を選ぶ際は、

  • 車の運転をする必要がない
  • 仕事時間が決まっている
  • スケジュール管理を自分で行える
  • 病気への理解がある

などの要素を重視するといいでしょう。

避けたほうが良いと思われる職業としては

  • 車の運転が必要
  • 高所での作業
  • 夜勤
  • 危険物の取扱

などがあります。どの職業に就く場合でも、服薬による発作のコントロールをしっかりと行うことが大切です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

仕事(34) てんかん(33) てんかん発作(14) 発作コントロール(3) 運転(4) 職業(1)