二日酔いを治す食べ物は? ラーメンやカレーが効くって本当?

2018/6/7

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

楽しい飲み会の翌日、激しい頭痛や吐き気、だるさなどの「二日酔い」に悩まされた経験はありませんか?今回の記事では、そんなツラい二日酔いを治す効果があるとされる食べ物についてご紹介していきます。

二日酔いを治す食べ物って何?

二日酔いを治す効果が期待できる食べ物をいくつかご紹介します。

しじみ
しじみに含まれるオルニチンは、アルコールの分解を促進し、アンモニアを解毒して、二日酔いによるだるさを改善する効果があるとされています。
大根
大根に含まれるジアスターゼは、消化を促進し、胃腸の調子を整える効果があるといわれています。
トマト
トマトの水溶性成分は、アルコールの分解酵素の働きを高め、アルコール代謝の過程で重要なピルビン酸の血中濃度を高める効果があるということが研究によって明らかになっています。
卵には、アルコール代謝の過程で生成される頭痛の元となる毒素を分解する、Lシステインが豊富に含まれています。また、毒素の排出を促し、アルコールが肝臓に与えるダメージを減少させるタウリンも含んでいるため、二日酔いを治す効果が高い食べ物といわれています。

二日酔いの頭痛に効く食べ物は?

二日酔いによる頭痛に効くとされる栄養素は、ビタミンB2とマグネシウムです。それぞれを含む食べ物としては、以下のものが挙げられます。

  • ビタミンB2:納豆、ししゃも、レバーなど
  • マグネシウム:あさり、いくら、豆腐など

二日酔いにはラーメンが効くって本当?

「二日酔いにはラーメンが効く」という噂がありますが、これはある意味本当といえる部分もあるでしょう。二日酔いを治すには、アルコールを代謝するためのエネルギー源である糖質とタンパク質が必要ですが、ラーメンには糖質である麺や、タンパク質のチャーシューや卵などが含まれています。また、スープからは塩分や水分、野菜からはビタミンも補給できるため、二日酔い後の栄養補給という面では役にたつ部分もあるかもしれません。

ただし、ラーメンの具材やスープには脂肪分や塩分が多く含まれているので、二日酔い対策としては食べない方がいいでしょう。また、二日酔いのときは胃腸も弱っているので、無理やりラーメンを食べると下痢につながる恐れもあります。
ラーメンを食べるよりも、まずは水や経口補水液で水分補給をするところから始めましょう。

二日酔いにカレーが効く!?

二日酔い予防のドリンクなどに含まれる「ウコン」(秋ウコン)はターメリックと呼ばれ、実はカレー粉にも含まれています。そしてウコンの主成分であるクルクミン(アルコールの代謝能力を高め、毒素の分解も促進するとされるポリフェノールの一種)は脂に溶けやすい性質のため、ドリンクやサプリとして水と一緒に摂取するよりも、カレーのような油脂分を含む食べ物と一緒に摂取した方が、吸収効率がいいと考えられています。

ただし、ウコンに含まれるクルクミンのアルコール代謝作用が必ずしも二日酔いの回復に役立つとは言えません。研究者の中からはウコンの効果を疑問視する声も出てきていますし、二日酔いで弱った胃腸にスパイス使ったカレーを食べてしまうと、弱った胃腸をさらに刺激して症状が悪化してしまう可能性があります。

二日酔いへの対処の基本は、安静と水分補給です。まずはゆっくり休養をとり、経口補水液やスポーツ飲料などで水分を補給し、食べ物は消化の良いものを食べるようにしてください。

おわりに:身近な食べ物で二日酔いを撃退!

卵やしじみ、ラーメン、カレーなど、身近な食べ物でも二日酔いを改善する効果が得られる可能性があるといわれています。
ただし、二日酔い対策の基本は、あくまでも水分補給と休養です。あやしげな情報に惑わされて胃腸に負担をかけるような食べ物を食べると、二日酔いの症状がさらに悪化してしまう可能性があります。
ついつい飲み過ぎてしまった日の翌日は消化の良い食べ物で栄養を補給し、水分補給をしながらゆっくり休みましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

頭痛(193) 二日酔い(32) 食べ物(94) 治す(9) カレー(4) 効く(11) ラーメン(1)