貧血治療は何科に行けばいいの?治療薬はどんなもの?

2018/6/13

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

貧血の治療を受ける場合は、何科を受診すればいいのでしょうか?また、治療に使われる薬にはどのようなものがあるのでしょうか?貧血のときに受診すべき診療科や、治療薬について解説していきます。

貧血治療は何科で診てもらえるの?

貧血は原因によりさまざまな種類がありますが、貧血の90%以上は体内の鉄分不足により起こる「鉄欠乏性貧血」だとされています。女性は過多月経による貧血が1番多く、次に消化管による貧血が多いとされています。また、その他の原因として、腎臓や血液の病気が挙げられます。

婦人科で調べてくれること

子宮の筋肉は、収縮することにより生理の出血量を減らす効果があるため、女性の貧血の場合はこの収縮機能を弱める子宮の病気の有無や、出血の量を確認をします。

消化器科で調べてくれること

① 胃粘膜の炎症や腫瘍
胃粘膜に異常があると、鉄の吸収率が悪くなるため、胃粘膜の炎症や腫瘍の有無を確認します。
② 消化管出血
胃や大腸の異常を調べ、消化管出血の有無を確認します。
③ 痔
痔の有無を確認します。

婦人科や消化器科で異常が見つからない場合は、骨髄・腎臓・脾臓・血液の病気の可能性があるため、内科(腎臓内科・血液内科)を受診しましょう。

あなたの貧血は何科に相談?

  1. 貧血 → 月経以外の出血(血尿・血便・痔)はない → 経血量が多い → 「婦人科」
  2. 貧血 → 月経以外の出血はない → 経血量が普通or少ない → 帝王切開or子宮筋腫の摘出経験がある場合は「婦人科」。ない場合は「内科」
  3. 貧血 → 月経以外の出血がある → 血便がある→「消化器科」
  4. 貧血 → 月経以外の出血がある → 血尿がある→「泌尿器科」

貧血の治療で使う薬は?

徐放性鉄剤

フェロ・グラデュメット、テツクールなどの薬があります。成分が少しずつ溶け出すため、吸収が比較的ゆっくりという特徴があります。服用する際は噛まないようにしましょう。

有機酸鉄剤

インクレミンシロップ、フェルム、フェロミアなどの薬があります。シロップは錠剤やカプセルと比べて飲みやすいため、子供や高齢者に適しています。

注射剤

フェジン(鉄欠乏性貧血の治療薬)、エスポー(腎性貧血の治療薬)などの点滴薬があります。

飲み合わせのよくない薬って?

貧血治療薬は、胃薬や制酸薬に含まれるマグネシウムやアルミニウムの吸収率を悪くしてしまうため、服用する際には2時間以上の間隔をあけましょう。
また、一部の抗生物質(テトラサイクリン系、セフジニルなど)と貧血治療薬は、一緒に服用するとお互いの吸収率を悪くしてしまうので、事前に医師や薬剤師に相談しましょう。

貧血治療薬の副作用は?

貧血の治療薬では、以下のような副作用が起こることがあります。

黒色便
便中に吸収されなかった鉄分が混じることにより、便が黒くなることがありますが、特に問題はありませんので、心配しないようにしましょう。
食欲不振、眠気、腹痛
鉄分の服用により、胃に負担がかかることで起こる症状です。食後すぐに多めの水と一緒に服用することで、未然に防ぐことができます。また、症状が悪化した場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。
その他の症状
基礎疾患として「消化性潰瘍」「潰瘍性大腸炎」のある人は、貧血の薬により、胃腸障害が生じることがあります。貧血の薬を服用する際は事前に、医師や薬剤師に相談しましょう。

おわりに:貧血がある場合は婦人科か消化器科に相談を

基本的に、貧血の症状がある時には、婦人科か消化器科を受診しましょう。ただし、症状によっては内科や泌尿器科がすすめられる場合があります。また、貧血の治療薬には、徐放性鉄剤・有機酸鉄剤・注射剤などがあり、副作用として黒色便や食欲不振、眠気、腹痛などが起こる可能性があります。黒色便の場合は時に気にする必要はありませんが、症状が悪化したり、気になることがある場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

生理(55) 貧血(82) 治療(464) 腹痛(96) 副作用(95) 治療薬(17) 泌尿器科(9) 何科(34) 内科(13) 食欲不振(28) 婦人科(6) 黒色便(4) 消化器科(1)