男性も貧血になることがあるの?女性より深刻なことがあるって本当?

2018/6/15

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

女性に多いイメージの貧血ですが、男性でも貧血になることはあるのでしょうか?また、男性の貧血は深刻な場合が多いというのは本当なのでしょうか?男性の貧血について解説していきます。

男性が貧血になる原因は?

貧血は女性に多い症状ですが、男性も貧血になることはあります。男性の場合は、体内の鉄分不足による鉄欠乏性貧血は少なく、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなどの重い病気が原因となり、貧血が引き起こされている可能性があります。以下のような症状が見られる場合は、貧血の可能性があります。

  • 息切れ
  • 動悸
  • 顔色が悪い
  • めまい
  • 足のむくみ
  • 爪がもろく、われやすい
  • ささくれができやすい
  • 切れげや枝毛が多い
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • 口の端が切れやすい
  • 口内炎ができる
  • 疲れやすい
  • 少しの運動量で立ちくらみが起こる
  • 集中量の低下
  • イライラ、くよくよする

20代の男性が貧血になる原因は?

栄養バランスの乱れ

20代の男性は、社会人になり仕事が忙しくなることで、生活習慣が乱れやすくなる傾向があります。そのため、食生活も不規則になりがちで、外食やカップ麺・インスタント食品などを食べることが多くなり、鉄分や他の栄養素も不足してしまいます。貧血を予防・改善するためには、鉄分だけではなく、栄養バランスのとれた食事をとる必要があります。

ストレス

20代になり新たに社会人としての生活が始まると、さまざまなストレスにさらされるため、ストレスを緩和する働きのあるビタミンCの消費量が増えます。ビタミンCは、鉄分の吸収率を高める効果があるので、ストレスを感じることで貧血を促進させるようになるのです。

病気

月経もなく、男性ホルモンの働きに問題のない20代の男性が鉄欠乏性貧血になることはあまりありません。そのため、他の病気が原因となり、貧血症状が起こってる可能性が高くなります。大腸がんなどの重い病気が原因となっている場合もあるので、注意が必要です。

男性で貧血が気になるときは検査を受けよう

貧血の症状が悪化している場合や、40歳以上の人は、一度便潜血検査を受けてみましょう。
また、40歳以上でなくても、便の色が変化していたり(黒色、赤褐色、鮮紅色など)、血液が付着している場合は、早急に内科を受診する必要があります
黒色の便はタール便とも呼ばれ、上部消化管(食道、胃、十二指腸など)からの出血が主な原因とされています。血液が胃酸や消化酵素などにより黒く変色して便中に混入すると、タール便として排出されます。

なお、赤褐色や鮮紅色の便は、大腸(特に肛門付近)からの出血が主な原因とされています。血便が見られる場合は、貧血の可能性もあるので、必ず精密検査を受けて症状の原因を特定しましょう。

おわりに:貧血が悪化している場合は一度検査を受けましょう

男性の貧血は、鉄不足による鉄欠乏性貧血というよりも、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、大腸がんなどの重い病気が原因となり、貧血が起きている可能性があります。まだ若い20代でも、生活習慣の乱れやストレスなどの要因により、貧血が起こることもあります。そのため、貧血の症状が悪化している場合や、40歳以上の人は、一度便潜血検査を受けることをおすすめします。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ストレス(366) 貧血(82) 原因(609) 検査(98) 男性(41) 病気(73) 大腸がん(27) 栄養バランス(4) 20代(6) 代(2) 黒色便(4) 胃・十二指腸潰瘍(1)