脳梗塞には種類があるって本当?それぞれの特徴は?

2018/6/19

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

脳梗塞は、脳の血管が詰まったことで脳細胞が障害される病気ですが、大きく3種類に分類できることをご存知でしょうか。
この記事では、脳梗塞の種類と、種類ごとの症状や原因、治療法の違いについてわかりやすく解説しています。医師からの説明がわからなかったという人や、セカンドオピニオンを検討している人は参考にしてください。

脳梗塞は3種類ある!?

脳梗塞は、脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりすることで起こります。脳に酸素や栄養が送られなくなって、脳細胞の障害がひどくなると、後遺症が残ってしまうこともあります。

脳梗塞は、詰まる血管の太さやその詰まり方によって3タイプに分けることができます。

ラクナ梗塞

ラクナ梗塞は、高血圧などが原因で血栓が脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞です。ラクナは「小さなくぼみ」という意味で、日本人には最も多いとされています。

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞は、脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞です。首から脳に通じる頸動脈や、頭蓋内の太い動脈の硬化が詰まることが原因で起こります。
アテローム硬化とは、血管の中でコレステロールが固まり、血管が狭くなることです。血栓ができることで詰まったり、血栓がはがれて流れ、またその先で詰まったりします。発症には、脂質異常症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病が関わっていると考えられています。

心原性脳塞栓症

心原性脳塞栓症は、心臓にできた血栓が脳まで運ばれて、太い動脈を詰まらせることによって起こる脳梗塞です。基本的に、心臓が正常であれば血栓ができることはほとんどありませんが、心臓の機能に異常や機能の衰えなどが原因で鼓動のリズムの乱れが乱れると血栓ができやすくなります。このような血栓ができやすくなる心臓の病気としては、心房細動や心筋梗塞、心筋症などが挙げられます。

それぞれの脳梗塞の特徴は?

この3つの脳梗塞は、原因がそれぞれちがうため、症状などの特徴が以下のように異なります。

ラクナ梗塞

ラクナ梗塞は、症状が出ないことも多く、本人が知らない間にゆっくりと進行することが特徴といわれています。
症状が出たときも比較的軽めなことが多く、突然意識がなくなるようなことはあまりありません。
夜間や早朝、手足のしびれやしゃべりにくさを感じて病院を受診するケースが多いといわれていますが、これらの症状を見過ごしてしまう血管性痴呆や歩行困難など症状が現れるパーキンソン症候群を起こすことがあります。

アテローム血栓性梗塞

アテローム血栓性梗塞では、脳の大きな血管がつまってしまうため、発症時のダメージも大きいものとなります。片麻痺や感覚障害、失語や失認などの「高次脳機能障害」を伴うことも多く、脳以外の器官にも影響が広がると心筋梗塞や四肢の閉塞性動脈硬化症などの合併症に発展することがあります。

心原性脳塞栓症

心原性脳塞栓症は、大きな動脈が詰まってしまうため、影響を受ける範囲がかなり広くなることが特徴です。比較的大きい病巣ができてしまうため、命の危険がともなう危険性が高くなるといわれています。

3種類の脳梗塞、治療法は同じ?

脳梗塞の治療は、基本的には薬による内科的治療を行います。
主に使われる薬には、

  1. 血液の固まりができるのを抑える薬や脳細胞を保護する薬
  2. 脳のむくみ(腫れ)を抑える薬
  3. 血液の固まりを溶かす薬

などがあり、機能回復のためには薬とあわせてリハビリテーションが重要になってきます。

それぞれの治療の特徴を以下で紹介していきましょう。

ラクナ梗塞
ラクナ梗塞の治療では、主に血小板の作用を抑える「抗血小板薬」が使用されます。 これは全ての脳梗塞に言えることですが、早期の治療であればあるほど症状は改善しやすいので、できるだけ早く病院を受診することが大切です。
アテローム血栓性脳梗塞
アテローム血栓性脳梗塞の治療も、基本的には「抗血小板薬」の服用が中心です。症状や進度などによっては、必要に応じて他の薬が使用されることもあります。最近は頸動脈の分岐部が狭窄するケースも増えてきいるといわれていますが、そのようなときは外科手術などが必要になることもあります。
心原性脳塞栓症
心原性脳塞栓症は、原因が主に心臓にできていた血栓のため、血小板ではなくフィブリンという血液凝固たんぱくの作用を抑える必要があるため、再発予防の目的で血栓防止の効果がある抗凝固薬が使われることがあります。

おわりに:脳梗塞には3つのタイプが!症状や治療もそれぞれ異なる

脳梗塞には、脳の細い血管が詰まって起こる「ラクナ梗塞」、脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞「アテローム血栓性脳梗塞」、心臓にできた血栓が脳まで運ばれ太い動脈を詰まらせることによって起こる「心原性質脳塞栓症」の3タイプがあります。原因の違いによって、症状や治療法も変わってくるため違いをしっかり把握しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(275) 高血圧(135) 脳梗塞(94) 抗血小板薬(9) 生活習慣病(59) 脂質異常症(27) 心原性脳塞栓症(4) 抗凝固薬(9) ラクナ梗塞(5) アテローム血栓性脳梗塞(6)